神奈川県座間市のアパートの一室で、10代~20代の9人の切断遺体が10月末に見つかった事件。

 その部屋に住んでいた白石隆浩容疑者(27)は全員をひとりで殺害したと認めているが、現在までに殺人と死体損壊、死体遺棄の疑いで立件された事件の被害者はまだ2人にすぎない。

 解明はこれからだが、時は流れる。12月14日、事件現場のアパートの前では、供養祭が営まれた。参列した不動産管理会社の担当者は、

「ご冥福をお祈りする形で執り行わさせていただき、(空き部屋の)募集を再開させていただこうと思っています。

 現状は容疑者も賃貸契約中、今のところ家賃は口座から引き落とされています。それも含め12部屋中11部屋が契約中で実際に8人が住み、事件後退去した人はおりません

白石隆浩容疑者

 一方、被害者に近い関係者は事件発覚後、深い悲しみを抱えたまま2か月を過ごした。

 被害者の1人、横浜市在住のアルバイト女性(当時25)を知る自宅近くに住む主婦は、

「事件後、被害者のお母さんとは顔を会わせていません。なんて言葉をかけていいのかもわからないし……。うちにも同年代の子どもがいるので、ショックで眠れませんでした」

 と沈鬱な表情で明かす。

「事件のこと忘れないでほしい」

 群馬県邑楽町の高校1年生の女子生徒(当時15)は、高校の始業式の日、8月28日に行方不明になった。

 女子高生のツイッターは、庭に生えたキノコについての家族のやりとりや、新学期前日には《休むんだったらなんであんな必死に課題やったのワイ。》という記述も残る。

 高校の美術科に進むため、中学時代から絵画教室に通っていた。高校入学後も月に2回、通っていたという。

「今も実感が湧かなくて、もしかしたら、ふらっと現れるんじゃないかって。何も言葉にできません」

 と同教室関係者。悩んでいる素振りもなかったという。

 横須賀市在住の介護職員の男性(当時20)は、ロック系バンドでベースを担当。みんなから「マック」と呼ばれ親しまれていた。

 出入りしていたライブハウスの店主は、

「2~3年くらい前から来るようになってね。バンドには昨年の秋に加入して、来年にはCDも出す予定だったんだよ。行方不明になったのは、これからレコーディングってときだから、死ぬわけない。何かあったんだろうなって」

 と肩を落とし、こうポツリと漏らした。

「事件当初は毎日ニュースでやっていたけど、今は相撲のニュースばかりだよね。どんどん違うニュースが報じられてさ、事件のこともマックのことも忘れないでほしい