クールな木村文乃が…?

 今年も順調な滑り出しを見せる彼女が、映画『羊の木』では、とある港町に“元殺人犯たち”が新住民としてやってくることから巻き起こる、本格ヒューマン・サスペンスに挑戦。笑顔を封印し、これまでとはひと味違った雰囲気を醸し出している。

木村文乃 撮影/高梨俊浩
すべての写真を見る

「私が演じた文という女性は、いろいろとあきらめてしまった感じがあるんです。心から笑えてない雰囲気を意識していたら、(主演の)錦戸亮さんや吉田大八監督から、“いつもにらまれてるようだった”と言われました(笑)

 劇中ではエレキギターをかき鳴らす場面もあり、めちゃめちゃカッコいい!

「アコースティックは持ったことがあったんですけど、エレキは初めてでした。ドラム担当の松尾論さんも未経験ということで、一緒に週1ペースでスタジオを借りて練習したり。普段聴く音楽はリラックス系が多いので、エレキを持ってたら“どうしたの!?”って驚かれました(笑)。周りにバンドをやっている友達が多くて、ライブハウスにもよく行っていたので、音楽の知識がゼロじゃなかったのが唯一の救いでしたね」

 物語が進むにつれて新住人の素性が徐々に明らかになっていき、主人公たちは“信じるか、疑うか”の間で揺れ動く。

 どんな出会いでも、相手のことなんて最初はわからないもの――。木村はどうやって他人との仲を深めていくのか聞いてみると“私は基本、人嫌いなので(笑)”とバッサリ。

「そんな私でも周りにいてくれる人っていうのは、みんな太陽みたいでドーンと殻を割って入ってきてくれる人が多いんです。自分から行けないぶん、すごく助けられています」

 普段はクールな木村だが、そんな彼女が最近、めずらしく自ら“好き!”と思った人とは…?

夏帆さんがすごくかわいいんですよ。『伊藤くんA to E』(公開中)でご一緒したとき、待ち時間におもむろにカップの位置を直したら夏帆さんも同じことしてて、脚を組み直したら、また同じ仕草してて興味を持ちました(笑)。すごい清楚な方だと思っていたら、受け答えがすごい男前。サバサバしていて嫌みがなくて“あぁ、好き!”ってなりましたね(笑)

映画『羊の木』 (c)2018『羊の木』製作委員会 (c)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社

<出演情報>
映画『羊の木』2月3日(土)全国ロードショー
出演:錦戸亮、木村文乃、/松田龍平ほか
(c)2018『羊の木』 製作委員会
(c)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社