村上ひとりだったら、とっくに芸人を辞めていたかも。トリオで仲間がいるから壁を乗り越えられたという意味では、トーマスと一緒ですね

『映画 きかんしゃトーマス とびだせ! 友情の大冒険』で新キャラクターを演じた森三中。劇中では史上最大のピンチを迎えるが、3人もデビュー間もなく、最大の壁にぶつかっていたという。

村上「黒沢さんが『電波少年』で、長期企画に挑戦することになって、2人で活動することになったんです」

大島「でもネタは黒沢さんがずっと書いていたので、どうやってネタを作る? ってところから壁にぶち当たってしまって……」

村上「黒沢さんは無人島で生活するというもっと過酷なロケに挑戦していたから、私たちが弱音を吐いていられないなって頑張りました」

黒沢ただ企画から帰ってきたら、私よりも2人のほうがテレビに出ていて、逆に戻りづらかったです(笑)

 最近は女芸人の活躍も目立ち、追われる立場になった3人だが、「自分たちは機関車タイプ」と笑う。

村上「今の若手はハイテクな最新型。デビュー当時からネタもトークもうまいし、感心しっぱなしです」

大島「SNSなんかも駆使してね。私たちは機関車のようにゆっくり運転してます(笑)

黒沢「活躍している先輩たちのようなレールを進みたかったけど、自分たちにはそんなエンジンを搭載しているどころか、列車を操縦できる人もいなかったって気づいて(笑)。でも、後ろからつつかれて、できないなりにレールを進み始めたという感じです」

大島「本当、アナログでいまだにSNSもやっていないし、できないもんね。だから今回のアフレコもよい感想だけ手紙で送ってもらえるとうれしいです!(笑)」

ママになってよかったことと悪かったことは?

大島「気持ちが穏やかになりました。でも芸人としては悪い部分でもあるかも」

村上「私も、子どもが見ているかも……と思ってしまうので、ちゃんとするようになりました」

黒沢2人がママになりトリオの活動が減ったので、気兼ねなく東方神起のライブに行けるようになったのはうれしいですね(笑)

(c)2018 Gullane (Thomas) Limited.

<映画情報>
『映画 きかんしゃトーマス とびだせ! 友情の大冒険』
4月7日(土)~シネ・リーブル池袋、全国イオンシネマ(一部劇場除く)ほかロードショー!