家族あてに書いた手紙の一部。日本語とベトナム語を一生懸命勉強していたと家族が明かす
すべての写真を見る

 被告から残酷な言葉を次々と浴びせられた父・ハオさんが感情をむき出しにしたのは翌15日のこと。

 ハオさんは「妻は夜眠れない。常に泣いている。自殺しようと考えていたこともありそんな状態が今も続いている」と述べ、リンちゃんの弟(4)についても、

「弟は娘が亡くなったことを知らない。毎日どうしてお姉ちゃんが学校から帰ってこないの? いつ帰ってきますかと聞きます。(リンちゃんを)誰が殺したの? って聞いてくるんです。なんて答えたらいいか……」

 と涙で言葉を詰まらせた。

 衝立の向こうから母・グエンさんのむせび泣く声が法廷内に響いた。

助けを求めて叫ぶ娘の声

「娘は“殺さないで”と命乞いをしていたはずなのに、なぜ殺した。許すことはできません。犯人は悪魔だ!」

 とハオさん。

 しかし、渋谷被告は顔色を一切変えることはなかった。

 裁判長はグエンさんの意見陳述書を読み上げた。

《私は娘の遺体を引き取った時の感覚を死ぬまで忘れることはないでしょう。殴られて腫れ上がり、あざができた娘の顔、棺の中で横になり、つむられた娘の目、娘の冷たい手を握った私の心は、千もの針で突き刺されたようでした。私は泣くことも叫ぶこともできませんでした》

 グエンさんの鼻水をすする音が法廷に響いた。

《私は眠りにつくたびに、助けを求めて叫ぶ娘の声で目が覚めます。この痛みを言い表せる言葉はありません》

千葉県内にあるリンちゃん宅の仏前で、ハオさんはこの1年の心境をポツリポツリと語った

 初公判の前日に記者がリンちゃんの自宅を訪ねたとき、仏前にはリンちゃんの満面の笑みの写真とたくさんの果物が供えられていた。取材に丁寧に応じてくれたハオさんは、

「裁判で、何があったのか真相を突き止め、犯人を処罰してほしい。でないと、娘に報告できないし、死刑にならないと娘は天国に行けない」と話していた。

 裁判は18日に結審。どのような判決が出るだろうか。