こうして、ハワイの病院で出産に臨み、36時間もかかって、ようやく大維志くんと初対面した。

生後6か月の大維志くん
すべての写真を見る

でもね、私より先に主人が抱きしめて“生まれてきてくれてありがとう”って泣いたんですよ。苦労してやっと産み落としたのに、横からさらわれた感じ。“それ、私の役だから!”と、ちょっとシラーッとなりました(笑)。

 向こうではお産を病気扱いしないので、産んだ当日にすぐ退院しました。体力的にキツいとは感じませんでしたね。姉が付き添ってくれて助かりました」

ママ友はみなひと回り年下だけど

 育児もジャガー流。“開閉が面倒だから”とバギーを使わず、わが子を抱きかかえてどこにでも行った。

「“世の中のお母さんが耐えられたことが自分にできないわけはない”と思っていました。いま振り返ると、初めてのことばかりだから、自分に落ち着くよう言い聞かせていたのかもしれません」

 大維志くんが3歳のころ、きょうだいのいる友達をうらやんで、「ボクも弟ちゃんが欲しい!」と言い始めた。まだ生理が続いていたジャガーさんは、万にひとつでも可能性があるなら、と48歳で再び不妊治療を開始した。

「弟ちゃん、つくってあげたかったですけどね~。大維志を病院に一緒に連れて行ったり、卵子の写真も見せたりしました。でも、体外受精をしても分割が止まってしまい、お腹に戻せなかったんです。3年間トライして、結局はあきらめました」

 高齢出産の影響は子育てにもおよぶ。大維志くんの同級生のママ友たちは、みんなひと回り年下だ。

「いつも自分からみんなの輪に入っていくようにしていて、いいママ友に恵まれて幸せです。だいぶん年上だから気も遣ってもらっていると思いますが(笑)。近づきすぎず離れすぎず、ほどよい感じでママ友会にも参加しています」

1歳半。ママの楽屋でニッコリ♪

 56歳となるいまも現役でプロレスを続け、心身の維持に努めている。

「子どもが20歳になるとき自分は65歳。先は長いと思っていたけれど、もう半分以上過ぎました。取り越し苦労をせず、“なるようになる”と思えればラクですよ。いろいろな経験をしたうえで出産、子育てしているので、何があっても焦らない。

 大維志の成長が楽しみだし、自分もまだまだ一緒に成長していきたいですね。できたら、彼の夢だという医者になってくれるといいな


〈PROFILE〉
ジャガー横田さん◎中学卒業後、全日本女子プロレス入団。WWWA世界シングル王座をはじめ数々のタイトルを獲得。'04年に医師・木下博勝氏と結婚、'06年出産。現在も現役最古参女子プロレスラーとして活動。各メディアに登場多数