スペシャルQ&A【松本岳編】

――木戸さんには言ってないけど、感謝していることは?

松本 いつも感謝してますけど、邑弥くんが一緒の空間にいると、それだけでテンションが上がるんですよ。だから、同じ作品に出演するのはうれしいし、安心します。『ジョーカー・ゲームII』はシーン別に分けた稽古の仕方をしていて、全員集合してやるスタイルではなかったので、あまり会えなかったから、「今日は邑弥くんいないのか~」って思って、寂しかったですね。その分、いるってわかると、“よし、ちょっかい出そう”みたいな感じになって(笑)。もう存在自体に感謝ですね。本当に感謝しています。

松本岳 撮影/廣瀬靖士

――今日のバッグの中身は?

松本 稽古があるからバッグ持ってますけど、手がふさがるのが嫌なんで、普段はほとんど手ぶらです。財布と携帯があればいいので。今日のバッグは、ポータークラシックのネイビーのメッセンジャー。稽古のときは、これかリュックですね。入ってるのは、Tシャツ、ボディシート、筆箱、キャップ、台本、小説、財布、香水、歯ブラシ、目薬……。めっちゃ普通のものしか入ってないです。稽古場に行くときはいつもこれですね。稽古着のTシャツはいらないやつを着ます。小説は稽古中の舞台の原作。原作があるものは必ず読みます。2.5次元のときは、役作りのひとつとしてマンガもアニメもできるだけ見ますね。香水はコム・デ・ギャルソンのです。普段あんまりつけないんですけど、誕プレで友達にもらったので使ってます。

――最近食べておいしかったものは?

松本 スコットランドのアイラ島で作られたアイラ・モルト・ウイスキーのアードベック。僕、ウイスキーが好きなんですけど、特にすごくクセのあるタイプが好きで。今年の誕生日にマネージャーさんからいただいたもので、それは薬の正露丸みたいな香りがするんですけど、“ウマ! 好きだわ~”って思いました。ラフロイグっていうウイスキーも好きでよく飲むんですが、ちょっと似てる。飲み方は、いつもはソーダで割ってハイボールにするんですけど、それはいいお酒だから、頑張ってロックで飲んでる(笑)。だから今、ウイスキー用のいいグラスが欲しいんですよね。