“花は私の人生そのもの”

石橋恵三子さん 撮影/北村史成
すべての写真を見る

 後輩や部下を育てるのが苦手という女性も多いが、石橋さんは断然、褒めて育てる派だという。

「子育てでもそうでした。結局、人は自分で考えて、習得しなければ伸びません。いちばんの育成方法は、“いい手本を見せること”。

 難題が起きてもあきらめず、伝わる誠意も持って仕事をする姿勢を近くで見せていくこと。あとは、“自信を持ってやりなさい。やり直しはできる”と、任せて励ますことです」

 人生を大きく変えた花との出会い。“花は私の人生そのもの”と語る石橋さん。

花には季節を感じ、人の気持ちを癒し、元気にする力があります。直接の声は聞けませんが、全国のお茶の間に花を届けるこの仕事に誇りを持ちながら、これからも毎日、笑顔で張り切って花を飾っていきます

著者の素顔

 取材日は猛烈な強風のあいにくの天候にもかかわらず、屋外での撮影にも笑顔で応じてくれた石橋さん。サービス精神も旺盛で取材中に秘書の方から“あ、そのお話はNGで(笑)”などと制止を受けながらも、楽しいエピソードをたくさん聞かせてくれた。彼女が持つ明るさ、仕事への誠意ある姿勢は、77歳という年齢を忘れさせる。こんなふうに年を重ねたい、と素直に思わされる、素敵な女性だった。

「「徹子の部屋」の花しごと」石橋恵三子=著産業編集センター 1404円(税込) ※記事の中の写真をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします
PROFILE
いしばし・えみこ 1940年生まれ。東京生まれの江戸っ子。消えもの一筋50年。日本のテレビ開局後の黎明期から、番組作りを支えながら、テレビとともに生きる人生を歩む。『徹子の部屋』第1回から、その日のゲストに合わせて花を選び、フラワーアレンジメントを担当。花を生けた回数は1万回を優に超えている。Instagram「emiko.i.flower」で、日々の花日記を更新中。

(文/松岡理恵)