ワイドショーのカメラの前で謝罪する沢田研二

 情報番組デスクが、舞台裏を明かす。

「騒動の翌日、スポーツ紙やテレビ局は、沢田に事情を聞こうと自宅で直撃しようとしたんです。沢田サイドも、ファンに迷惑をかけたので、沢田の思いを伝えるために急きょ、取材に応じるしかないと判断をし、取材陣に対応しました」

 そこで沢田は、事情を説明すると同時に、スカスカの客席について

「僕には意地があるからね。だから今回は僕はできません」

 と中止の理由を付け加えた。

 9000人を呼ぶと約束していた主催者。実際にさばけたチケットは7000人。

「それでもやるのが客商売。ジャニー(喜多川)さんの『ショー・マスト・ゴー・オン』を聞かせてやりたいですね。そもそも沢田は、長年のファンに支えられているから、コンサートツアーだけで食っていけているんです。

 にもかかわらず以前は、ライブの前列に陣取る熱烈なファンに対し『やる気が失せる』というような暴言を吐いたことがありますからね。今一度、ファンのありがたみを感じた方がいいですよ

 と前出・スポーツ紙記者は突き放す。

 日本レコード大賞を受賞した往年のヒット曲『勝手にしやがれ』(1977年発売)には〈♪せめて少しはカッコつけさせてくれ♪〉という歌詞がある。

 あれから40年。沢田、70歳。時の過ぎ行くままに、である。

<取材・文/薮入うらら>