事件現場となった北嶋家

 孫が祖父母に手をかける事件が、最近1か月で頻発する中、石川・金沢市でまた悲劇が起きた。

容疑者の父親代わりをしていたのに……

 祖父である北嶋誠吉さん(71)の首をひもで絞めつけて殺害したとして、石川県警は8日、同居していた孫で無職の北嶋祥太容疑者(23)を殺人の疑いで緊急逮捕した。「金目的で殺した」と供述し、犯行後、祖父が所有するテレビをリサイクルショップでお金に換えてパチンコ店で遊戯していたという。

 亡くなった誠吉さんが10月初めに散髪に来たと話す美容院の店長は、

「温厚ないいおじいちゃんだった。次に来店するのは年末だろうと思っていたけれども、まさかこんな事件が起こるなんて」

 と絶句する。

 一家はIRいしかわ鉄道・森本駅から車で約10分の田園地帯で木造2階建ての広い一軒家に住む。誠吉さんと、孫の祥太容疑者、2歳下の弟との3人暮らしだった。

 近所の女性住民は、

「祥太容疑者が5~6歳のころ、ご両親が離婚して父親は家を出ていった。幼い男児2人を抱える母親を助けたのが誠吉さんだった」

 シングルマザーになった娘のため、誠吉さんは父親代わりを務めていたが、

「3年ほど前に母親ががんで亡くなったんです。それからは、誠吉さんがひとりでお孫さんの面倒を見るようになった」(前出・女性住民)