直撃取材に言葉は少ないながらも表情で語った石田

「息子さんを後ろに乗せて、ママチャリをこぐ姿をよく見ましたよ」(近所の住民)

 お約束となった素足でローファーをはき、高級外車を乗り回す姿が今もサマになる石田純一。そんな彼が還暦を過ぎて“ママチャリ”デビューしたのには、ある深い理由があった。

「現在、長男の理汰郎くんは小学校お受験に定評のある幼稚園に通っているんです。彼らが目指すような学校は、当然、子どもや両親の面接があります。

 そこではどう子どもを育てているかという家庭の教育方針が重視されるのです。なので、息子を車で送り迎えするのではなく、普通のご家庭と同じように、自転車で幼稚園や習い事に通わせていたのでしょうね」(お受験コンサルタント)

 そのかいあってだろうか、今月に入って理汰郎くんは見事、第一志望である都内の超名門私立小学校Aに合格したという。

A小学校の競争率は13倍ほどと言われていますが、親がここの卒業生だったりすると優先的に合格させる傾向があります。また政財界からの推薦などもありますので、まったく縁故のない人の競争率は、実質30倍くらいでしょう。

 小学校受験の最難関校であることに間違いはないです。石田さんも奥様もこの学校のOBではないですから、さぞ大変だったでしょうね」(同・お受験コンサルタント)

 そもそもお受験に熱心だったのは、22歳年下妻の東尾理子だった。彼女は理汰郎くんが1歳のころから、幼稚園や小学校の説明会などに積極的に参加していたという。

「石田さんは当初、“公立でもいいのでは”と思っていたようですが、妻の頑張りを見ているうちに、自分も本気にならないといけないと思ったみたいですね。

 まして2歳になる長女と、今年4月に生まれたばかりの次女の子育てもあるわけですから。それで、石田さん自らママチャリに乗り、できる限り幼稚園や習い事の送迎をするようになったり、勉強を見てあげたりしたようですね」(スポーツ紙記者)