写真左から成河、福士誠治 撮影/高梨俊浩

 1920年代に全米を震撼(しんかん)させた凶悪な少年誘拐事件を基にした心理劇ミュージカル『スリル・ミー』が4年ぶりに再演される。登場人物は事件を起こした天、“私”と“彼”のふたり。そしてピアノ1台のみで繰り広げられる繊細で濃密な100分の舞台は、1度見たらハマる人が続出。2011年の日本初演から再演を重ねて、今回が6回目の上演となる人気作だ。この伝説のミュージカルに初参加する成河さんと福士誠治さん。初共演のふたりが作り出す“私”と“彼”はどんな心理戦を見せてくれるのか。

ふたりの共通点はウザい暑苦しさ!?

─以前からの交流は?

福士 飲み会で会ったことがあるくらいで。

成河 ちゃんと話したのはこの仕事が決まってからですね。

福士 でも最初から初めてな気はしませんでしたけどね。僕は成河くんと話すのがすごく好きなんですよ。ひとつの題材に対して、いろんな視点から話せる人だから面白い。でも絶対ふたりで合コンしたらモテないタイプです(笑)。

成河 アハハハハ!

福士 女の子から、その話題、そんなに深くまで聞いてないけどって言われそう(笑)。

成河 わかる! ウザがられるんだよ~(笑)。だから一見、誠治くんはそういうタイプに見えないのにそうだったことが、どれだけホッとしたか。

福士 僕のなかでは、ちょっと似てる感じします。

成河 暑苦しい(笑)。

福士 アハハハハ!