(左から)朝丘雪路さん、津川雅彦さん

「最近、表札がはずされて、家の中で工事もしていますよ」(近隣住民)

 11月下旬、津川雅彦さん(享年78)がかつて住んでいた自宅を訪ねると、すでに新しい住人の気配があった。都内にあるこの自宅は、彼が朝丘雪路さん(享年82)と亡くなる直前まで住んでいた家だ。

「築20年以上の2階建ての一戸建て。閑静な住宅街の中にある賃貸物件です。津川さんは'14年ごろに引っ越してきて、しばらくひとりで住んでいましたが、3年ほど前から朝丘さんと一緒に暮らしていました」(芸能プロ関係者)

 今年4月27日に朝丘さんが亡くなり、津川さんもあとを追うように8月4日に亡くなった。'73年に結婚したふたりは、翌年に娘の真由子が生まれ幸せの絶頂だったが、'08年に試練が襲った。

「津川さんが経営していた玩具事業で6億円の借金を抱えました。その返済のために、一家が住んでいた朝丘さん名義の家を売却。

 それ以降、別々に住んでいましたが、また一緒に暮らすようになったんです」(ワイドショー関係者)

 最後に夫婦で暮らした思い出の豪邸だったが、家主が亡くなると、すみやかに家を引き渡す準備を始めた。

「1か月ほど前から工事をしています。もう次に住む人が決まっているので、家の中をリフォームしているんですよ」(不動産関係者)

 朝丘さんが亡くなって8か月がたつ。長年彼女と親交があった『太常うどん銀座本店』のオーナーの川北操さんが当時を懐かしむ。

10年くらい前にお店に来てくれて、共通の友人を介して仲よくなりました。ほんわかして優しい方でした。彼女は誕生日だけではなく、買い物中に“あなたに合うものがあったのよ”と言って、私によくプレゼントをくれました。シャツや指輪、着物などいろいろなものをもらいましたね」

 川北さんは真由子とも仲がよく、最近の彼女の様子も教えてくれた。