桂歌丸さん

 落語に登場する面々が暮らすのは、裏路地の長屋。7月に亡くなった桂歌丸さんの家も、一軒家ではあるものの建坪約10坪の狭い敷地にある。

「人間国宝になるんじゃないかと言われたほどの方なのに、庶民的で質素な家です。歌丸師匠は横浜の真金町で遊郭を営む祖母に育てられましたから、この土地に愛着があるんですよ」(落語関係者)

 30年ほど前に建て替えたという家は、冨士子夫人の実家のすぐそばにある。

地元を愛し、地元に愛され

「師匠が出かけるときは、必ず冨士子さんが表通りまで出て見送るんです。結婚当初はまだ落語の稼ぎが少なくて、彼女が化粧品の営業で家計を支えていました。歌丸さんがたまに高座のギャラをもらうと、当時は高級品だった食パンを買ってきてうれしそうに渡していたそうですよ」(近所の住民)

 真金町をこよなく愛した歌丸さんは、地元のそば店『安楽』が大のお気に入り。

「お弟子さんが集まると出前を取るんです。決まって鍋焼きうどんを頼んでいましたね。今も冨士子さんから注文を受けるそうですよ」(常連客)

 月命日には玄関先で関係者がお焼香をあげる。今は遺影が置かれているが、以前は贈り物で埋め尽くされていた。

「全国から届いた手紙や色紙などが家の中にあふれていたんです。広い家ではないので、階段にまで置かれていました」(前出・近所の住民)