凰稀かなめ 撮影/森田晃博

役作りのために家具を全部捨てちゃう

 オードリー・ヘップバーン主演で映画化もされた名作サスペンス『暗くなるまで待って』が、10年ぶりに上演される。ロンドンのアパートの1室を舞台に、盲目の若妻と彼女の家に持ち込まれた人形を奪いにきた悪党3人が繰り広げるスリリングな駆け引きが見どころだ。

 ヒロインの盲目の若妻スージーを演じるのは、元宝塚宙組トップスターで、退団後も舞台を中心に活躍する凰稀かなめさん。

私は『暗くなるまで待って』のことを知らなかったんですね。でも盲目の女性の役でサスペンスものの舞台があるというお話を聞いたときに、あまり経験のないサスペンスということで、ぜひ挑戦したいと思いました

 事故で失明して精神的ダメージが大きかったはずのスージーだが、支えてくれる夫の存在もあり、境遇に負けず前に進もうといろいろなことに挑戦する「すごく芯の強い女性だと思う」と凰稀さんは語る。舞台で盲目の役を演じることについては?

「すごく大変だと思いますね。現に私は、目が見えているのですから、目に障害を持つ方がどの様な日常を送っていらっしゃるかもわからないのと、目が見える方の恐怖感と、目の見えない方の恐怖感では全く違うのでどう演じるか考え中です。

 リアリティーあるものは作っていきたいと思いますが、まったく目が見えないからといって共演者のことをまったく見ないでやったらお芝居がかみ合わないので、最初のお稽古ではちゃんと共演者の目を見て、相手がどうするのかインプットしたら、たぶん一切見ないというふうにはなると思うんですけど

 宝塚時代から続けているというこだわりの役作りがある。

「今回は、たぶん自宅では真っ暗な状態でアイマスクをして歩くと思います。基本的に今までどんな役でも、役柄の設定を常に家の中ではしてきているので。例えば牢獄にいる役だったら、家の中の物を全部ひっくり返してぐちゃぐちゃにして、スープだけをずっと飲み続けるとか。冷水を真冬に浴びせられる役だったら、水シャワーを浴びますし(笑)。

 実体験で感じたときの自分はどういうふうに思うのか、感覚が身につくまでやり続けますね。過去には、家の家具を全部捨てちゃったり、引っ越したり(笑)。バンパイア役をやったときには、そういう雰囲気のシャンデリアをつけたり部屋のインテリアも替えてました。そこは徹底してますね。そのほうが落ち着くというか」

 ちなみに今は?

「家の中は真っ白です。宝塚を辞めてからいろいろな役や歌の仕事などを並行してすることが多くなって、ひとつのことにばかり集中できないので。だから真っ白な状態にしておいて、常にどこにでも属せる状態にしていますね」