田代万里生 撮影/森田晃博

哀しみや弱さにも多面性を乗せて

 ブロードウェイの史上最長連続上演記録を更新し続ける、アンドリュー・ロイド=ウェバーの傑作ミュージカル『オペラ座の怪人』には、衝撃的な続編があった。それが『ラブ・ネバー・ダイ』。5年ぶり2度目の上演となる今回、前回に引き続きラウルを演じるのは、田代万里生さん(小野田龍之介さんとWキャスト)。

僕にとっては、すごく思い出深い作品です。前回はセットや照明の豪華さに驚きましたし、日本版『オペラ座の怪人』の元祖である市村正親さんの気迫、ファントム役への思い入れにも感銘を受けました。

 僕が子どもを持つ役をやるのは5年前のこれが初めてで。その後、そういう機会も増えていろいろな出会いや経験があり、年を重ねた今回、“また全然違う景色が見えるんだろうな”という意味でも楽しみなんです

 ストーリーは、かなりショッキング。意外な事実が明かされ、人間のドロドロとした感情がせめぎ合うのだが、なかでもいちばんの変貌を見せるのがラウルだ。

 ハンサムなお坊ちゃんだった彼は、クリスティーヌと結婚して息子が生まれるものの、いまや酒とギャンブルに溺れて借金まみれに!

「ロンドンで観劇したとき、最初はあれがラウルだってわかりませんでした。“え、もしかしてあれがラウルなの!?”って、かなりたってから気づきました(笑)。あまりにもキャラが変わっていて。

 クリスティーヌと息子と過ごした10年、ずっと不幸だったわけではないと思うんですが、何か違和感を感じていたんでしょうね。それが膨らんでひとりぼっちになり、酒やギャンブルに走ってしまった。ふたりのことが嫌いなわけではないので、よけいにつらいんですよ。きっと共感してくださる人は多いと思います」

 闇を抱え、哀切さを呼ぶラウルは「弱さを見せるのが難しい」と田代さん。

「カッコいい役のほうが、カッコよくやろうとすれば自ずと方向性が見えてくるのですが、哀しみや弱さを伴った役って、ただ哀しみや弱さを見せればいいわけではない。多面性を感じてもらわなきゃいけませんからね」

 そうした複雑な感情を乗せて歌うことは?

「メロディーは超絶的に美しいんだけれど、オーケストレーションはめちゃめちゃ濁っている。それがロイド=ウェバーさんの曲ではよくあって。例えば『なつかしい友よ』という曲も、歌詞はフレンドリーな感じで言っているのに目は笑っていない、みたいな内容なんです。

 そういう複雑なものが、すでに音楽で完成している。一方で、音楽なしの台本だけを読んだときに感じるものから役作りをしていって、音楽とお芝居が同じ足並みでリンクしたとき、ミュージカルになると思うんですね。そういう感覚をいつにも増して得られるので、ロイド=ウェバーさんの作品で舞台に立てるということは、役者としてうれしいんです」