7月16日、「とんねるず」石橋貴明と鈴木保奈美が、石橋のYouTubeチャンネルで離婚を発表した。1998年に“バツイチ”同士で再婚、その後に3女を授かるなど幸せそうに見えた2人だが、“不倫略奪愛”から23年間で夫婦生活にピリオドを打った。

 夫婦関係は解消されるも、保奈美は石橋が社長を務める『アライバル』に今後も女優として所属し続けるようだ。

「1994年にモータージャーナリストの川井一仁氏と電撃入籍するも、婚姻中に自宅とは別のマンションに引っ越したりと早々に“仮面夫婦”説が流れるなど、3年もたたずに離婚した保奈美。

 結婚前にはテレビ局プロデューサーの既婚男性との“不倫”も報じられていただけに、一部ではこの男性への“あてつけ”ともされた初婚でした。そんな騒動もさめやらぬまま、石橋と再婚と、“魔性ぶりは健在”と言われたものです」(スポーツ紙芸能デスク)

 一方の石橋だ。再婚発表のわずか2週間前、1998年10月に元モデル妻のMさんと離婚が成立している。保奈美とは妊娠3か月の“デキちゃった婚”だった。

「意気揚々と結婚会見に臨んだタカさんでしたが、保奈美との出会いや交際期間に話が及ぶと急にしどろもどろになったり、ギャグでごまかそうとする場面もありました。そりゃあ、そうでしょう。Mさんとは2週間前に“別れた”ばかりなんですから(苦笑)。

 とはいえ、前妻とは早々に別居をして“離婚宣言”をしていただけに、お金の問題でもめていたとの見方です。保奈美の妊娠がスクープされる前に決着をつけたいという思惑もあったのでは?」(スポーツ紙芸能デスク)

石橋の前妻が語っていたこと

「父の日」に投稿した石橋との写真(石橋穂乃香インスタグラムより、編集部一部加工)

 この時の会見では、石橋の浮気を危惧する質問も向けられたのだが、苦笑いする彼の横で不敵な笑みを浮かべて《私がいるから大丈夫でしょう》と言い放った保奈美。

 まるで“彼は私の手中にある”とでも言わんばかりの自信に満ちた笑みに当時、反応したのが石橋の元妻Mさんだ。石橋の再婚をテレビの“臨時ニュース”で知ったという彼女は、90分にわたる独占インタビュー(『週刊女性』1998年12月8日号)に応えたのだった。