2.5次元舞台でも注目を集める俳優の小澤廉が、2018年11月20日更新の自身のブログで、結成当初から所属するメンズアイドルグループ“B2takes!”の卒業を発表。12月21日に東京・新宿BLAZEで、B2takes!のメンバーとしては最後となるライブ「B2takes! 6周年ワンマンLIVE / RED LAST LIVE」が行われた。

前列左から奥山ピーウィー、小澤廉、森勇翔、飯山裕太、あつし、しだっくす、IGU、中島拓斗 撮影/齋藤周造

 B2takes!は、小澤のほかに、あつし、IGU、飯山裕太、森勇翔、中島拓斗、奥山ピーウィー、しだっくすの8名の個性豊かなイケメンからなる関東発のアイドルグループ。2012年に結成され、ファンとの距離が近いことで知られるいわゆる「メンズアイドル」の草分け的存在でもある。地道な定期公演を重ね、着実にファンを増やしてきた。

 2016年10月発売の3rdシングル『モヤモヤLOVER』でオリコンデイリーランキング1位を獲得したほか、2017年4月には冠レギュラー番組『B2takes!TV~チカメンですけど何か?』(TOKYO MX)がスタート。そして2018年9月にはダブルA-sideシングル『ブラン・ニュー・アニバーサリー/Not Alone』」でキングレコードからメジャーデビューを果たした。

 結成当初からB2takes!のメンバーとしての活動と、俳優業とを兼任してきた小澤だが、「ずっと前から事務所やマネージャーとB2takes!の活動と俳優業の活動を両立していけるように話し合いをしてきましたがスケジュールの都合により僕自身の『俳優業に専念したい』という意思を尊重して頂き卒業という道を決断しました」と、自身のブログで卒業の理由を語っていた。

 当日会場には約1500人のファンが駆けつけ、1部2部ともスタンディングで超満員となった。

 ライブの当初から涙をこらえられないメンバーもいたものの、それを即座に笑いに変えるような軽快なトークが飛び交い、彼らの絆の深さが見て取れた。

 残るメンバーたちから小澤に「卒業証書」の授与が行われたり、小澤がメンバーひとりひとりに感謝の思いを語ったりと、ライブパフォーマンスを超えた感動が会場を包んでいた。

「メンバーは卒業するけれど、僕はこれからもB2takes!の盛り上げ隊長!カラーはRED!れんれんです!」と宣言した小澤。2019年には結成7年目に突入するB2takes!とともに、今後をますます期待したい。