IN2IT 撮影/廣瀬靖士

 今年、日本での活躍を期待されている7人組ボーイズグループIN2IT(イントゥイット)。2017年10月に韓国でデビューを飾り、昨年は東京&大阪で大盛況のイベントを開催。さらに、1月10、11日にはVIXXのLEOとの2マンライブを行うIN2ITのインピョ、ジアン、ヨンテ、イノ、ヒョヌク、アイジェク、ソンヒョンをご紹介します!

Q.IN2ITのみなさんは『少年24』というサバイバルオーディション番組を経て結成されました。番組当時大変だったことや、印象に残っていることはありますか?

ヨンテ「49人の参加者から放送が始まって、最後7人になったんです。27人になり、7人にと選抜されていったことで、少し寂しい思いもありました。仲よくなったメンバーもいたので……」

アイジェク「(マレーシア出身なので)韓国でオーディションを受けること自体が初めてだったんです。特につらかったのが、両親がそばにいないことでした。友達や知り合いもいなかったので、それが少しつらかったですかね……」

Q.アイジェクさん、今はさみしくない?

アイジェク「はい! オーディション番組の放送期間は、ルールで携帯も使えなかったんです。でも、今は両親がよく韓国に遊びに来てくれるので大丈夫です!!」

ジアン「僕も番組の3か月間は家族と会えないし、電話もできないので両親が恋しかったですね。ヨンテと同じで、一緒にオーディションを受けていた友達が落ちてしまうのが、本当につらかったです」

Q.さまざまな経験から成長されたみなさんで結成されたIN2ITとは、どんなグループですか?

アイジェク「完璧なグループ(笑)!」

Q.何が完璧?

アイジェク「頭から足の先まで、すべてです(笑)」

ヨンテ「毎日、一生懸命頑張っているグループです。仲もよくて。みんな性格がいいので、気が合うし。そして、超うるさいです(笑)」

インピョ「そうそうそうそう。認めます」

Q.グループ最年少のソンヒョンさんは、どんなグループだと思っていますか?

ソンヒョン「僕たち、(番組終了後からデビューまでに)韓国でたくさんのライブ公演をして実力をつけてきました。直接ファンのみなさんと触れ合いながら、1年で260回のステージを経験しました。その1回、1回のステージが、僕たちを育ててくれたと思っています。そして、その経験が、ほかのグループとは違うところです」

インピョ「去年、発表したアルバムがあるんですが、意識してさまざまなジャンルの曲を入れて構成しています。そうすることで、僕らの魅力をより知っていただけるんじゃないかと思って。日本のみなさんが特に好きになってくださるんじゃないかと思う曲もありますし、メンバーでダンスの振り付けを考えたり、作詞した曲もあるので、ぜひ聴いていただきたいです」