「夕飯の支度をしていたら救急車や消防車がひっきりなしに来てね。ここは高齢者が多い団地だし珍しくないんだけど、パトカーも来たからただごとじゃないって外に出たの。そうしたら娘が父親を虐待したって聞いて驚いてね」

 近所の主婦(77)が事件当日の衝撃を明かす。

生活費の無心を断られ……

 発生はお正月ムードの残る5日午後4時ごろ。厄除けで有名な寒川神社にも近い神奈川県平塚市にある築44年の団地で惨劇は起きた。

 自宅で口論となった父を暴行した傷害の疑いで神奈川県警平塚署は6日、同市の無職・川木綿子容疑者(35)を逮捕した。父親の秀夫さん(68)は、直後に意識を失い、搬送先の病院で死亡した。

「木綿子容疑者は秀夫さんとふたり暮らしで、秀夫さんの年金と貯金を切り崩して生活していました。動機について“生活費を無心したところ断られ、ケンカになった”と供述しています」(捜査関係者)

 秀夫さんを知る女性は事件前、こんな話を聞いていた。

「“年金だけじゃ苦しい”とこぼしていました。娘さん、前はバイトしていたみたいですが、今はわからないです」

 お金を渡さない父親に木綿子容疑者がキレたのか、父親も仕事をしない娘に不満があったのか。止める人もなく周囲の人も気づかず、2DKの自宅で壮絶な親子ゲンカが繰り広げられた。

 木綿子容疑者は父親に殴る蹴る、熱湯をかけるなどし、取っ組み合いにまで発展。

「容疑者の腕も少し赤くなったり、すりむけていました」(前出・捜査関係者)

 その後、父親の異変に気づき、自ら119番通報した。

ベランダには事件当日の洗濯物が干したまま

「“意識がなくいびきをかいている”という通報でした」

 と消防関係者。

 冒頭の近所の主婦が警察に連行される木綿子容疑者を目撃したという。

「救急隊がしばらくお父さんの心臓マッサージをしていたの。しばらくたったころ、団地の階段から警察に腕をつかまれた女が下りてきてね。眼鏡をかけて髪はぼさっと短くて実年齢より老けて見えました。驚いたのは表情が全然ないの。取り乱したり、泣くでも笑うでもなく無表情

 普段の木綿子容疑者の印象を聞くと、

「暗い」「挨拶しない」「しゃれっ気がまるでない」「印象に残らない」

 というものばかり。秀夫さんがひとり暮らしと思われるくらい、存在を知られていなかった。