綾瀬流オリンピックの楽しみ方

 今まで綾瀬自身は、オリンピックを、

「友達と集まって観戦したりしていました。時差があって朝方に放送される競技は、朝までひとりで起きて始まるのを待っていたり(笑)」

綾瀬はるか 撮影/佐藤靖彦
すべての写真を見る

 今作では金栗が日本から初めて、ストックホルムオリンピックに参加するまでの過酷な道のりも細かく描かれていくが、

「毎回オリンピックが無事に開催されて、日本も参加できることが当たり前のように感じていましたが、当時はまず参加することがすごく難しくて。ましてや、戦争などさまざまな理由で開催が危ぶまれていたオリンピックが、今こうして続いているのは、本当にすごいんだと。平和だからこそできることだと改めて感じました」

 よ~く見ないとわからない!? こだわり注目ポイントが!

「今回の大河はリアリティーを追求していて、髪も“できるだけ地毛で髪をセットする”ということにすごくこだわっています。時代劇といえば、カツラをかぶるイメージだと思いますが、基本的に自分の毛でセットして、足りない部分をつけ毛で補っていくというスタイルで、私自身にとっても初めてですごく新鮮です」