私を主役にしてくださって、本当にありがたい! 全国ネットの連ドラ主演は、朝ドラ(’12年『純と愛』)以来、6年ぶりです。あのとき感じた怖さや反省点は山ほどあって。“今だったらできるんじゃないか”という、その思いをこの役に集約させたいと思っています」

 お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』をドラマ化した『人生が楽しくなる幸せの法則』で、夏菜(29)が主演に。キャストが発表された際は、“全然ブスじゃない!”との声も上がったが、

いやいや、みなさん私のことさんざんブスって言ってきたじゃないですか! と思いました(笑)

 と持ち前の明るさで笑い飛ばす。放送前にタイトルが変わったことにも触れ、

「なんで私が出るドラマはこうなるんだろう……(笑)。でもありがたいなって。だって、話題にならないよりは話題になるほうがいいですから。注目されるうちが華、と思って頑張ります」

 ドラマでは“自己表現下手くそ女子”のOLを演じている夏菜だが、実は自身とは真逆だそう。

「私はなんでも口に出してしまって、しかもわりと強いことを言いがち。話していて“今の本当に傷ついたよ”って友達に言われると、“えっ、傷ついたの!? ごめん、もう絶対言わないようにするね”って言いながら1週間後には同じこと言ってるタイプ(笑)。今年こそは直したいと思います」

 近年は朝ドラ時代の苦悩を告白するなど“ぶっちゃけキャラ”として再ブレイク。

前はおとなしい印象だったとか言われますが、昔からこっち寄り。なんで隠していたんだろう? たぶん朝ドラもやってるし、いい子でいなきゃダメって自分で自分を縛りつけていたのかもしれません。今は周りの目を必要以上に気にしなくなって。毎日楽しく過ごさせてもらってます(笑)」

 つらい時期を乗り越えた彼女だからこそ、重みのある言葉も。

「数年前は、どう表現したらいいのか、どうやって生きていったらいいかもわからなくて荒れていました。でも誰でもそういう時期って人生1度はあると思う。私はそこを脱出したけど、同じようにもがいている人を見ると、昔の自分を見ているようで、とても他人事とは思えないんです」

 夏菜のインスタグラムのダイレクトメッセージには、SOSを求める声も少なくないそう。

「私なら解決してくれそう、ズバッと言ってくれそうと思ってくれてるみたいで。ちゃんと、寄り添えたらいいんですけどね。そうだ、いつか相談コーナー開こうかな(笑)」

 そんな彼女だが、好きな人には……。

異性にグイグイいくように思われがちですが、本当に好きな人には全然自分から話しかけられなくて。わかりやすいですよね(笑)。結婚ですか? う~ん。恋愛はしていたいとは思うけど、結婚はどっちでもいいかも。するかもしれないし、しないかもしれない。なるようになる! とラフに考えています

『人生が楽しくなる幸せの法則』

読売テレビ・日本テレビ系『人生が楽しくなる幸せの法則』
毎週木曜 夜11時59分~
「自己表現下手くそ女子」「融通の利かない女子」「開き直り女子」の3人が“ちょうどいいブスの神様”からレクチャーを受けることで幸せに近づいていく――!? “女子あるある”満載の、笑いあり涙ありの新感覚ラブコメディー。

<プロフィール>
なつな◎‘89年、埼玉県生まれ。’06年にドラマ『ガチバカ!』で女優デビュー。’10年に『君に届け』で映画初出演、’11年には映画『GANTZ』出演ほか、’12年の朝ドラ『純と愛』ではヒロインを務めた。その後も数多くの映画、ドラマに出演。最近は『運命のひと押し ここで印鑑を押しますか?』などバラエティーでも活躍中。