写真左から松島勇気、酒井大 撮影/森田晃博

 ロマンティックなストーリーに、ガーシュウィン兄弟による数々の名曲、スタイリッシュなステージング、そしてバレエをはじめとするダンスの雄弁さと美しさ。2015年のトニー賞で4部門に輝いたミュージカル『パリのアメリカ人』は、まさに洗練の極みだ。この名作の日本版が、劇団四季によって間もなく幕を開ける。主人公、ジェリー役の候補として稽古に励む酒井大さんと松島勇気さんは、ともにバレエダンサーとしての経験の持ち主。ふたりに作品の魅力や、稽古場で感じていることを語っていただこう。

バレエの魅力が詰まったミュージカル

─この作品を初めて見たときの印象は?

松島 僕はニューヨークで観劇したんですが、そのころ僕は、俳優としてスランプに陥っていた時期だったんです。だから作品も素敵でしたが、演じている人たちにノックアウトされました。プロダクションごとにオーディションを受け、役を勝ち取って仕事をしている。そういう人たちが“プライドを持って、楽しんで仕事しているんだ”という顔をしているようで、光り輝いて見えたんです。“自分に足りないのはこういう思いだな、もう1度、俳優として頑張らなければ”と思えて、背中を押してもらったような感じがありました。

酒井 僕もブロードウェイへの旅行中に見ました。僕が憧れているロバート・フェアチャイルドさんがジェリー役で“バレエダンサーでもこんなに素晴らしく演技をしたり歌ったりできる方がいるんだ!”と衝撃を受けました。作品については、バレエの魅力をミュージカルにいい形で取り入れているな、と思いました。型が決まっているバレエに比べて、ミュージカルの演技は自由だと思えるところがあったんです。でも、この作品はミュージカルとバレエのいいところが融合してお互いを高め合っていたのでうれしかったですね。