名だたる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シュミレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』。2015年にリリースされると刀剣男士たちの魅力的なキャラクターが人気となり、アニメ、ミュージカル、舞台などのメディアミックスも大ヒット。

 昨年の『第69回NHK紅白歌合戦』にミュージカル版のキャストが出演し、今や全国区となった大人気コンテンツの初の実写映画化作品『映画刀剣乱舞』が1月18日(金)ついに公開される。

 舞台『刀剣乱舞』で初演から刀剣男士の三日月宗近役を演じ、同役で映画版にも出演している鈴木拡樹さんが、作品への熱い思いや撮影裏話、プライベートのお正月まで柔らかな口調でたっぷり語ってくれた。

映画版に出られるとは思っていなかったので
喜びが大きかった

「すごく勢いのある作品で、2016年の舞台初演からファンの方たちの熱意や愛をすごく感じましたし“映画化もあるのかな”って考えていたと思うんですけど、すっかり忘れてまして(笑)。“映画を撮るよ”って聞いたときには“わ! 映画化もついに動いたか”って、久しぶりに思い出した感じで。でも、自分が映画版に出られるとは思っていなかったので、キャスティングしていただけたこともびっくりしました。本当にサプライズみたいな感じだったので、喜びが大きかったです。今回出演している舞台メンバー全員がたぶんそう感じたんじゃないですかね」

 舞台版でもリアリティのある歴史解釈のストーリー展開が魅力。『映画刀剣乱舞』は、明智光秀が織田信長を襲撃した本能寺の変を舞台に描かれる。

歴史の“たられば”の物語の作り方がいつも『刀剣乱舞』は面白いなって思うんですけど、今作も脚本を読んで面白い説だなと思いました。もう真実にしか感じられない、そんなすごい説得力でしたね。なぜ信長の骨が見つかっていないのかっていうこともちゃんと説明できていますし、この事件の謎を解明できたのは刀剣が見ていたからというところにつながっているストーリー構成も『刀剣乱舞』でしかできなかったなと。これも歴史の一節だなって思うととても歴史に興味が湧きますし、いい作品だなと思います」

鈴木拡樹 撮影/山田智絵

 映画では刀剣男士たちの美しい殺陣を迫力の映像で堪能できるのも見どころ。

刀剣男士としてのこだわりは、やはり鋼っぽさというか。いつものにこやかな感じではない鋭さであったり、冷たさを感じてもらえる瞬間があるといいなと思います。三日月の殺陣は舞うようにっていうのもひとつのテーマで。特に衣の袖が揺れたりする美しさっていうのが見て楽しいと思いますので、エンターテインメント的にできるだけ袖がひらひらと回転するようにっていうことは常に考えて臨んではいました。大変でしたけど(笑)」