写真はイメージです

「振り袖を着た新成人に“きれいな着物ですね”と声をかけ、背後を汚すのが男の手口でした」(全国紙社会部記者)

 振り袖にソースのような液体をかけたとする暴行の疑いで警視庁荻窪署は今月14日、埼玉県蕨市の無職・斎藤拓容疑者(23)を逮捕した。

将来に不安とストレス

 成人の日の午前7時35分ごろ、美容室で着付けを終えた新成人A子さん(19)は杉並区のJR荻窪駅近くを歩いていたときに斎藤容疑者から声をかけられた。

「A子さんの母親がいったん帰宅した娘の振り袖や帯にソースのような液体がかかっていることに気づき、交番に届けました。その後、A子さんは別の振り袖に着替え、式典会場に向かう途中の駅の改札付近で斎藤容疑者を発見し、警戒に当たっていた警察官に取り押さえられました」(前出の社会部記者)

 現場付近の防犯カメラには容疑者が振り袖にソースをかける姿が映っており、所持品からはソースの小袋数点が見つかったという。

 取り調べに対し、

「将来に不安とストレスがあり、晴れ着を汚すことで気持ちが晴れると思った」

 などと容疑を認め、

「ひとり(にかけただけ)では気持ちが晴れず繰り返した」

 と、余罪をほのめかしているという。

 実際、杉並区と新宿区でほかに4件以上の類似した被害相談が寄せられている。

 被害に遭った新成人は大変だっただろう。

 B子さんもその1人。着付けを担当した美容師が明かす。

「着付け後、B子さんは窓から店内をジロジロ見る若い男を目撃して気になっていたそうです」

 午前7時半前、B子さんは店を出た。駅近くのT字路の角に店の中を覗いていた男が立っており、声をかけてくることもなくすれ違った。

 すると……。

「迎えに来たお母さんが振り袖を汚されたことに気づいたそうです。“ソースのような液体をかけられた。染み抜き方法を教えてください”とすぐに戻ってきました」(前出・美容師)

 美容室を出てから5分もたっていなかった。