'17年9月3日、小室圭さんとの婚約内定会見を行った眞子さま。幸せオーラに包まれていたが小室家の“借金問題”が報じられ……

 平成生まれのプリンセスとしてアイドル級の人気を誇る、眞子さまと佳子さま。公務を行えば必ずといっていいほどニュースで取り上げられ、週刊誌などでも数多く特集されるおふたり。

親近感を感じられる

「とても華があるので、もしおふたりがいなかったら、一般参賀もシーンとした落ち着きすぎた感じになっちゃう気がします。国民みんなで成長を見守ってきたので、親戚の娘を見るような気持ちでいる方が多いんじゃないでしょうか」

 そう語るのは、中学生のころから皇室をウォッチし続けているコラムニストの辛酸なめ子さん。

 公務での皇族らしいファッションとは違い、プライベートでは、眞子さまはデートに『ユニクロ』のワンピースを着用。佳子さまも若い女性に人気の『ローリーズファーム』や『ダブルネーム』の服を愛用するなど庶民的なブランドが多く、親近感が湧く。それは両親の影響が大きいのではないか、と辛酸さんは見る。

「秋篠宮さまは昔から、普段着はすごくカジュアルですよね。紀子さまもご成婚当時、Tシャツ姿でマラソンをする、ちょっと色っぽい写真がありました。佳子さまがルミネで靴を買われたとか聞くと、やっぱり金銭感覚がちゃんとしてらっしゃるんだなと思います。

高校ではダンスチームを組んでいるという愛子さま。佳子さまとの“共演”も期待できる?

 雅子さまや愛子さまは常にカッチリした装いをされているイメージで、愛子さまは『グッチ』のバッグをお持ちだったりして、ずいぶん違いますよね」

 自主性を尊重する秋篠宮家では、大学選びも独自の道を行き、おふたりとも国際基督教大学に進んだ。そこで眞子さまは小室圭さんと出会う。

「秋篠宮ご夫妻は自分たちが学生恋愛をして結婚したという、いい思い出があるので、娘たちにも大学生のうちにいい相手を見つけてほしいと奨励する空気があったのかな、と思います。小室さんは最初からフレンドリーに、どんどん声をかけてきたという話ですから、眞子さまにとっては、そういう人が新鮮だったんじゃないですか」