「正月は田舎に帰って親父と2人でゆっくり過ごしていました。自分で餅を焼いたりして。いい正月でしたね」

 昨年、俳優デビュー35年目を迎えた永瀬正敏(52)。渋くて、色気もあり、年を重ねるごとに大人の魅力が増していく──。

 役柄の影響からか寡黙な印象を受けるが、

「昔から“怖い人だと思ってました”とよく言われます。でも、全然(笑)」

 と顔をほころばせ、落ち着いた口調からは優しい人柄が伝わってくる。

役者デビューは「青春の思い出として1本だけ」

『あん』『光』(河瀬直美監督作品)などで日本人初の3年連続でカンヌへ、また昨年は芸術選奨の文部科学大臣賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受け、今となっては日本の映像界で欠かせない存在に。

「16歳でデビューして、ここまであっという間でした。当時はこんなに長く続けられるなんて想像もしてなくて。親とも“青春の思い出として1本だけ”ということで映画に出させてもらったんですけど。大嘘つき(笑)」

 役者を続ける原動力となっているものは何なのだろうか。

「とにかく、最初の出会いが強烈だったんですよね。デビュー作『ションベン・ライダー』で、大人たちが真剣に映画を作っている姿がすごくカッコよくて、そこにいられる高揚感がすごかったんです。甘えも許されない、そして大人として対等に向き合ってもらえたのもうれしかった。当時の“この現場、終わってほしくない”という強い気持ちが、今も続いているんだと思います」

永瀬正敏 撮影/廣瀬靖士

 当時を振り返り、こう言葉を継いだ。

「僕、なんにも自慢できることがないんですけど、“出会い”だけは唯一、人に自慢できるんです。共演者やスタッフ、作品……デビューしてからの出会いには、とても恵まれていると思います」