氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

 2000年2月2日。ひとりの若き青年がデビューした。従来の演歌歌手像を覆す、茶髪にピアス、そしてイケメン。その歌声と笑顔は多くの人の心をつかみ、一気にスターダムに。演歌界のトップをひた走り続け、いよいよデビュー20周年というメモリアルイヤーに突入した。

 世界各地で開催されたミレニアムカウントダウンが落ち着きを見せたころ。“平成の股旅野郎”というキャッチフレーズをひっさげ、氷川きよし(41)は演歌界にキラ星のごとく現れた。

 デビュー曲『箱根八里の半次郎』は160万枚超えの大ヒット。日本レコード大賞や日本有線大賞などの大きな賞を手中に収め、『NHK紅白歌合戦』にはデビュー以来19年連続出場を続けている。競争や浮き沈みの激しい芸能界でデビューできるのは、ほんのひと握り。その後、デビュー20周年を迎えられる人間がどれだけいるだろう。この記念すべきタイミングに、きよしくんが語ってくれた、あのころ、現在、そしてこれから。

感謝の20周年にしたい

振り返ってみると、どこの誰かもわからないひとりの青年が福岡から東京に出てきて、いろんな方の力で“氷川きよし”を作ってもらったんだなと感じています。

 ファンの方が“こういう氷川きよしでいてほしい”と発信してくれるリクエストに応えたい、喜ばれたいという思いがすごく強くありました

 “氷川きよし”という責任のもと、みんなが作ってくれた道を歩き、歌ってきた、と追憶。デビューしたとき、20周年を迎えられると思っていた?

いや、思ってなかったですね。今はよくても、1年後にはどうなるかわからない……。そんな不安はデビューのころから変わらず、今もあります

 昼の部は満員だったコンサートが、夜の部ではガラガラ……。そんな夢を見たこともあるという。

お客さんが入ってくれることを当たり前だと思ってしまったら、失うものは大きいでしょうね。どんなときも“ありがたい”という気持ちを心から持ち、感謝しないといけない。だからこの1年は、感謝の20周年にしたいと思っているんです

 '19年のコンサートツアーのタイトルは、ズバリ『20周年大感謝祭』。命名はもちろん、きよしくんによるもの。感謝の気持ちをストレートに前面に押し出し、全国各地にその歌声を届ける。

 5月18日(土)〜27日(月)には大阪新歌舞伎座での座長公演、そして7月11日(木)&12日(金)には日本武道館でのコンサートが控えている。メモリアルイヤーは、まさにお楽しみイヤーというわけだ☆