326さんにとっての大きな出会い

 だまされ続けた所属事務所から逃げるために、いろいろな人が326さんを助けてくれた。イベントを通じて出会った漫画家・さくらももこ先生や、糸井重里さん。さくらさんには弁護士の紹介までしてもらったという。

“あれはちょっとひどい”って怒ってくれて、何のメリットもないのに助けてくれた

326(ミツル) 撮影/山田智絵
すべての写真を見る

 そして326さんには大きな出会いが訪れた。いくつかの事務所を渡り歩いたのち、フリーランスとなり、『19』当時の修羅場を振り返る企画で有吉弘行さんの番組『有吉ジャポン』に出演。この時に共演した、タイタンの太田光代・代表取締役社長との出会いだった。

台本にまったくないことは、テレビの世界ってやらない。ところが、光代社長は台本をガン無視で“あなた今、どこに所属しているの”。“僕、今フリーです”と答えると、光代さん、台本にないことをいっぱい言い始めたんです。皆も有吉さんもビックリしているけど、“面白いからそのままいっちゃえ”って

 光代社長は「このあと名刺渡すね」と本番中に言い放ち、収録が終わった瞬間、本当に名刺を渡してくれたという。

“いつ空いているの?”って言われ、その場で次に会うスケジュールを組んだんです。それから、東京・阿佐ヶ谷にご飯を食べに行ったんですね。すごく美味しい、シャトーブリアンのお肉を食べさせてもらった。で、“おうちに行きましょう”。話の展開が早いんです

 あれよあれよの展開で、光代社長の自宅でシャンパンを開けながら、彼女は一言、「いつから来る?」。タイタンに所属しろというのだ。

この人、面白いな。社交辞令のはびこる芸能界、嫌な人たちもいっぱい見てきたけれど、魅力のある人だな、と思ったんです。“この人だったら”と思えた。だから、“行きます”ってその場で答えたんです

 タイタンでは、芸能事務所としての業務のかたわら、社内外から著名な講師を呼び、学び合う講座「タイタンの学校」を開設している。326さんはそこで講師も務めている。

当初は絵を教える授業をやってくれ、と言われたんですけど、絵なんかよりプレゼンの方が大事じゃないですか、この業界。教えるなら、プレゼンを1時間教えたい

フランスで雑誌掲載用に描いた絵に日本語を添えてリメイクした作品

 これがたちまち人気講座となり、コマ数も講座内で最大になり「看板講師」になったという。人材育成にも携わることができた。

光る部分を見つけるプロデューサー的な目線も一応評価していただいた。人の良い所、広がる所、伸びる所を見るのが好き

 現在、326さんは、アニメ『やさしいあくま』、童話『世界一ブサイクなぬいぐるみ』の製作にも勤しんでいる。

昔から続けて来たものが全部役に立っている。先生も、テレビも。『19』でゴタゴタしたり、所属事務所で困ったりした時を経て、今は困っている人がいたら助けようって思えるようになった。すごく嫌な思いだったかもしれないけど、必要な経験だったかな