木目調のナチュラルモダンな店内は居心地がよく、客の滞在時間は他店よりも長いそう

 コンビニ業界は成長を続け、もはや飽和状態。生き残りをかけた戦いはますます激しくなっている。

 そんな中、独自の品ぞろえやサービスなど、他店にはない特徴を打ち出した業態も相次いで登場。新たな顧客の獲得にも成功している。

 そのうちのひとつが、美や健康などをテーマにした商品をそろえ、首都圏で140店舗を展開している『ナチュラルローソン』だ。

オーガニックコットンを使用した生理用品や、天然由来成分100%の化粧品などが好評

 ローソンよりも価格帯が高めでありながら、自然志向を好む女性を中心に根強い支持を得ている。

新事業コンペから生まれた

「1号店がオープンしたのは2001年。きっかけは、ローソンの社内で新事業を募集する社内ベンチャーでした」

 こう教えてくれたのは、ナチュラルローソン商品部の鮎川美保さん。

 2000年ごろのコンビニ商品は、いまのように健康を意識したものは多くなかった。そんな中、体調を崩してしまった妻がいるひとりの男性社員が「家族が安心して食べられる商品が身近にあったら」と考え、生まれたのがナチュラルローソンだという。

焼きたてパンで不動の人気のあんこギッフェリとソーセージプレッツェル

「新事業の計画を募って社内で投票をした際に、ナチュラルローソンが1位だったんです」(鮎川さん、以下同)

 オープン当初から続いているコンセプトは、“カフェのような居心地のいいコンビニ”。いち早く焼きたてパンを提供したり、イートインスペースを設けたり、淹れたてのコーヒーの香りを心地よく楽しめくつろげるように、ライティングやイスの材質にまでこだわっている店舗も多い。