海外に行くのは特別じゃない時代

 これまで、監督と意見を交わしながら作品を作り上げてきた佐藤にとって、事前にキャラクターについてすり合わせることを嫌い、テストなしの一発本番で撮影を行うバーナード・ローズ監督には大きな衝撃を受けたという。

佐藤健 撮影/廣瀬靖士
すべての写真を見る

 作品は、幕府の隠密として安中藩で生きる唐沢甚内(佐藤)の勘違いにより、優勝すれば夢を叶えてくれる遠足(マラソン)から、命をかけた戦いへと変貌していく。もちろん、スクリーンの中の佐藤も走る。

「実際に長い距離を走りましたから、中には(激しい運動で)吐いちゃう人もいました。僕はそこまでにはなりませんでしたけど、“死にそうだ”と思うくらい走りましたね。もともとマラソンは、大っ嫌い(笑)。小学生のころから、長距離より短距離派でした」

 昨年は、ドラマに映画と20代最後の1年を駆け抜けた。今年の目標を聞くと、

ないんですよね……。去年は、わかりやすくテレビに出ていましたが、今年はそうはならないと思います。どっちかと言えば、仕込みの時期というか。今年撮影したものが、来年以降に公開されたりすることが多くなってくる。ただ、質のいい作品をコツコツと撮っていけたらいいなと思っています。

 海外ですか? 過去に比べて、海外への壁がなくなってきて、特別じゃない時代に突入していくとは思っています。でも、僕は、もちろん経験としてハリウッドとか、そういう作品に携わることができたら素敵だなと思いながらも、どちらかといえば、自分たちが日本で作った映画がどうやったら世界の人にもっと見てもらえるんだろうっていう、そっちのほうに興味がありますね。具体的にプロデュースをするような予定はないですけど、機会があったら挑戦できたらいいなとは思っています」

プライベートトーク

Q.ゲスト出演した年末の紅白歌合戦まで忙しかった2018年。その後、少しは休めた?

「年始に休みをもらいました。海外に行ったり、遠出したりしないで、実家にいましたね。妹がすごくすすめてくるから、ドラマ『アンナチュラル』を見てました。面白かったですね。『アンナチュラル』と(お笑いコンビ)千鳥の番組を見て、正月休みが終わりました(笑)」

Q.仲よしの千鳥のノブから“まったく結婚しそうにない”と言われてましたが?

ハハハ。いまは、(結婚が)現実的じゃないですし、しばらくないと思いますけど、いずれはね。(結婚)したいです

『サムライマラソン』(c)“SAMURAIMARATHON1885”FILMPartners

平成最後の幕末エンターテインメント 
映画『サムライマラソン』
2月22日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国ロードショー
【配給】ギャガ
【公式サイト】https://gaga.ne.jp/SAMURAIMARATHON/