被害者と同年代の女性は、

「気持ち悪すぎる。私だったら絶対、髪の毛を切る。トラウマになっちゃうかもしれない」

 と眉をひそめた。

舐めたくなる

 事件が起きたのは昨年5月24日、午後8時過ぎのこと。

 会社員の女性(当時29)はJR横浜線新横浜駅のホームからコンコースに移動するため、エスカレーターに乗った。のぼり終えたところで後ろに結んだ髪の毛が気にかかり、触ってみるとポニーテールの先端に誰のものかわからない唾液がべったり……。

 それから8か月余りがたった2月4日、女性に唾液をかけた暴行の疑いで神奈川県藤沢市に住む24歳の男、A容疑者が神奈川県警港北署に逮捕された。

事件現場のエスカレーター付近

「女性の被害届を受理して捜査に着手しました。目撃者はいませんでしたが、駅の防犯カメラ映像や唾液のDNA鑑定などから逮捕にこぎつけました。Aは容疑を認めています」(捜査関係者)

 A容疑者はエスカレーターで女性の後ろにぴったりつけた。背後からポニーテールに顔を近づけ、ペロリ……。

「犯行動機については“女性の香水やシャンプーの匂いが好きだった”と供述しています」(前出・捜査関係者)

 女性とは面識がなかったという。全国紙の社会部記者は、「突発的に舐めたのか、狙いを定めて犯行におよんだのかわかっていない。“女性の髪が好きで舐めたくなる”“ポニーテールが好き”といった供述もしているようで、過去にも同様の行為をしたことがあるようだ」と話す。

 舐めた女性に気づかれるかもしれないスリルを味わいながら、自分の唾液で女性を汚すことに快感を覚えて、犯行を重ねていたのだろうか。