加藤小夏 撮影/森田晃博
【写真】透き通った肌がきれいな加藤小夏

ウズウズするんですよ

 そんな彼女は今年で20歳になる。節目の年を目前にある目標ができたとか。

「お酒が飲めるようになるじゃないですか。だから、『I”s』で共演していた萩原みのりちゃんとかと、20歳になったらいっしょにお酒が飲みたいなってすごく思っています!

 実は、彼女と共演して、自分の演技がすごい恥ずかしいって思ったんです。だから、次にご一緒することができたとき、恥ずかしくない演技ができるようになることが、当面の目標です

 女優としてがんばりたいと伝える真剣なその表情も、プライベートの話になると、19歳らしいあどけない笑顔になる。最近ハマっているのものを聞いてみると、写真を撮ることと、ある食べ物が好物のようで。

「写真部だったんです。最近ではマネージャーさんと写真を撮りに行ってますね。ウズウズするんですよ、撮りたいって(笑)。あと、ハマっているというかチーズケーキとお肉が大好きなんです! カフェで食べたチーズケーキもインスタにアップしてます」

 19歳らしい一面を見せてくれた彼女のおかげで取材の雰囲気も和やかになった。最後にこれからどんな女優になりたいか質問すると。

もっと繊細に演じられる女優さんになりたいなって。あとは変わらずに、自分らしくこのままの感じでいられたらって思います

 加藤小夏。凛としていて透明感のある彼女の活躍から目が離せない。

PROFILE●かとうこなつ●1999年6月26日生まれ、東京都出身。特技はダンス(歴11年)。中学1年生の時に、原宿竹下通りでスカウトされ2014年にケイ・オプティコムのCMでデビュー。その後「NTT西日本」「ポカリスエット」「ホットペッパービューティー」「LINE」「日本赤十字」「北斗の拳」など数多くのCMに出演。2018年にはフジテレビ『痛快TV スカッとジャパン』の中の人気コーナー「胸キュンスカッと」でヒロイン役として地上波初出演を果たし、今作品『I”s(アイズ)』が初めての連続ドラマ出演となり、3月8日から後半話がスタート。加藤演じる麻生藍子がいよいよ登場する。