本当の僕を見つけてくれた

 病床に伏したある人物を見たときの主人公の心理描写には、

稲垣吾郎 撮影/森田晃博

「本当はダメじゃないですか。あんな状況なのに、タカオは“涙も出てこない”って思うなんて。でも、ちょっとわかる気がする。常に冷静なんですよね、僕って。一歩引いて見ているというか、よくも悪くも

 稲垣のキャラクターを見抜いた飯田は、こう話す。

“主人公がやること=稲垣さんがやりそうなこと”というわけじゃないんです。例えば、稲垣さんがピンチに追い込まれたとき、こんな対処をしたり、考えたりするだろうと想像しながら書きました

 その言葉に、稲垣は感激!!

「そうなんですね!! それって一番すごい“あてがき”じゃないですか。今回、いろいろなことに翻弄されている主人公なので、受けの芝居が多かった。そこで、“タカオ”がとるリアクションが確かに僕っぽいというか……。

 僕だったらこうなるなってことがすっごいありました。本当の僕を見つけてくれた気がします」(稲垣、以下同)

 小説内に入る稲垣のイメージ写真は、“飯田がシチュエーションを説明しながら演出する”という、まるで映画やドラマのような撮影を行った。

僕の性格を読みとって、役に落とし込んでくれたのは飯田さんが初めてかも。僕のこと、よく見ているなって。テレビのパブリックイメージだと、僕はそういうのを出してこなかったから(笑)

 でも絶対あるし、別に隠すつもりもない。今までのイメージだと役も偏っていたと思うし、すごくうれしいです」

 “稲垣はこの役にピッタリだ”と、飯田も太鼓判を押す。

「“新開タカオ”にハマっている感がすごくある。読者のみなさんも、“タカオって稲垣さんっぽい”と思いながら読めますよ」(飯田)

 飯田が描く疾走感のあるストーリーの中で、稲垣が暴れ出す!!

稲垣吾郎 撮影/森田晃博