容疑者が着用していたアニメ「エヴァンゲリオン」の衣装。左が表で右が裏

「1月以降、福岡県鞍手町などで民家を狙った空き巣事件が散発し、宗像署を拠点として県警捜査3課との合同捜査が始まった。捕まったのはアノ男だった」(地元記者)

 福岡県警は、窃盗などの疑いで同県飯塚市の無職・藤澤鉄也容疑者(37)を逮捕したことを3月15日に発表した。県警によると、容疑者は2月6日正午すぎ、宗像市内の会社員女性宅に侵入し、財布や封筒から現金計1万7197円を盗んで現行犯逮捕され、すでに送検されている。

綾波レイ姿で御用

 この男、身体にピタッとはりつくコスチュームを身にまとい、盗みに入る空き巣の常習犯だった。

「変な人が徘徊していると警察に連絡が入った。その地域では空き巣などが散発していたため、捜査員が巡回を強化していたところ、藤澤容疑者が目の前の民家に侵入したため、その場で御用になったらしい」(前出・地元記者)

 犯行時のコスチュームは、人気アニメ『エヴァンゲリオン』に登場する綾波レイという少女キャラの衣装。作中では“プラグスーツ”と呼ばれボディラインが際立つのが特徴だ。同容疑者は細身ながら身長約180センチと長身。こんな格好でウロウロすれば、通報されるに決まっている。

「泥棒というのは普通目立たないようにするものだが、なぜこのような格好をするのかわからない。コスプレをすると泥棒をしたくなるそうだ。容疑者はほぼすべての犯行でコスプレ衣装を着用したと供述している」(捜査関係者)

 盗みに入っても、金目のもの以外には手をつけないという。

 このコスプレ癖には、さらに理解不能な一面があった。衣装をめくると全身を覆う網タイツを着用しており、さらにその下にスクール水着型の女性用水着を着こみ、おまけにタイツ2枚を重ねばきしていた。想像するだけで全身が締めつけられるようなピッタピタのコーディネートだ。

 藤澤容疑者は1~2月のあいだに計10件の窃盗をはたらき、被害総額は計3万3172円相当。現金以外に商品券も含まれていた。

「容疑者の自宅周辺ではコスプレしている姿の目撃情報はなく、車で移動し車内でコスプレ衣装に着替えていたとみられる」(地元記者)