『週刊女性』で連載中の自身が主演の小説『ロストマン ロンリーハート』が大反響。現在は『新しい地図』のファンミーティングのため草なぎ剛、香取慎吾とともに全国を飛び回り多忙を極める稲垣吾郎(45)が、今度は舞台『LIFE LIFE LIFE ~人生の3つのヴァージョン~』に挑む!

 4人のキャスト&演出家は’06年に上演された『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』以来、13年ぶりとなる顔合わせ。

「あのときと同じメンバーで別の作品をやるというのが、とても不思議な感じです。当時、みんなで共有した感覚を今でもハッキリ覚えていて。またそれを味わえるかと思うと、すごく楽しみです」

『LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン~』で共演する(写真左上から時計回りに)大竹しのぶ、稲垣吾郎、段田安則、ともさかりえ

 当時はまだ32歳。その成長ぶりを聞いてみると、

「それ、すごい聞かれます(笑)。僕、あまり“人生は成長”みたいには考えてなくて。ずっとそのときがベストだと思ってやっているんです。昔の自分がダメだったとは思いたくないし、将来の成功のために苦しむのも好きじゃない。常に“今”なんです

 と、その返答もすっかり大人。現在45歳。10代からたくさんの仕事をしてきた彼だが、舞台には特別な思いが。

「舞台には1か月くらい稽古期間があって、贅沢(ぜいたく)に準備期間があります。一語一句セリフも決まってるので、そこから生まれる自信はとても大きいなと。例えば、迷いながらやっていることを見られるのは恥ずかしいけれど、舞台は自信を持ってやっていることなので、多くの人に見てもらいたいですね」

 そんな稲垣、昨年は2本の舞台に出演し、その1本は昨年末に終えたばかり。

「短い期間で舞台を何本もやったり、SNSやファンミーティングもそうだけど、これまでできなかったことをやらせてもらってるなと。大きな環境の変化はあったけど職業が変わったわけでもないから、やってることは昔から変わらないんですが(笑)。新しい道に進めている、そんな感覚はありますね」

 ファンミーティングでは、3人が歌う姿を涙して見守るファンも。

「僕らには計り知れないみなさんの思いっていうのがあると思うので……。何かをやる、コトを起こすのは僕ら側だから、受け身となるファンの方をどうしても振り回しちゃいますよね。みなさんの声に耳を傾けつつ、今できることを最大限にやらせていただくだけです」