Hey!Say!JUMPの一部メンバー(左う上から時計回りに)高木雄也、山田涼介、伊野尾慧、知念侑李、八乙女光、薮宏太、有岡大貴

 4月1日、新元号「令和」が発表された。世間ではこの新元号に関する話題でもちきりだが、一部のジャニーズファンも、どんな元号になるのか、注目していた。

どうなる、Hey! Say! JUMP !?

「言うまでもなく、『平成』をモチーフにした、Hey! Say! JUMPがありますから。期間限定の前身グループ“旧7”こと、Hey! Say! 7が、『僕らは平成Only! 昭和でShowは無理!』と歌って、華々しく登場したグループでしたからね。

 天皇の生前退位が発表されたあたりから、JUMPは改名するのか、今度、彼らがオワコンになってしまわないか、などの心配する声はずっとありました。彼ら自身が、グループ名を引き合いに出し、『平成という時代をジャンプするんです』と、次の時代に向かうという意味が込められているんだと、インタビューなどで説明することもありました」

 と、あるテレビ誌記者は言う。

 Hey! Say! JUMPの結成は2007年(平成19年)。しかし、ジャニーズが『Hey! Say!』という表記を最初に使用したのは、今から30年前の平成元年だということをご存知だろうか。

1989年の平成元年にリリースされた光GENJIの3枚目のアルバムタイトルが、『Hey! Say!』でした。“JUMP”や“7”のネーミングは、その流用といってもいいのではないでしょうか。

 現在ジャニーズJr.には『少年忍者』という、かつて存在したグループと同名のユニットが活躍中ですし、ジャニーさんは気に入ったネーミングを再利用することが多々あるんです。ジャニーさんは新しもの好きであると同時に、忍者や嵐、TOKIO(東京)、滝沢歌舞伎など、日本を感じさせるネーミングが大好きなんです。

 舞台に演歌を盛り込むこともあり、関ジャニ∞のデビュー曲『浪花いろは節』もジャンルは演歌でした。そんなジャニーさんが今回の『令和』の響きにピンとくるものがあったとしたら、早々に動き出す可能性は十分に考えられます」(前出・テレビ誌記者)

 そこで一番気になるのは、Hey! Say! JUMPが改元と同時に『Ray! Wa! JUMP』に改名する可能性はあるのだろうか。ジャニーズ事情に詳しい、あるフリーライターは言う。

「それはまずないとは思います(笑)。ジャニーさんにとってデビュー組は、独立した息子のような存在なので、大きく口を出すようなことはほとんどありません。もしメンバーからそのような希望があれば、意思を尊重して検討してくれるとは思いますが。コンサートのツアータイトルぐらいなら、“Hey! Say! からRey! Wa!へJUMPINGツアー”とかやっちゃう可能性がないとはいえません(笑)