「みんな人生いろいろある中で……ある? あるよね?(笑) 今ここにいることを選んでくれて本当にありがとう!! 後悔はさせません!!」

 宮城公演を皮切りにスタートした、DEAN FUJIOKA(38)初となるアジアツアー『DEAN FUJIOKA 1st Asia Tour 2019“Born To Make History”』の日本最終公演がNHKホールで行われ、集まった3500人のファンが熱狂!!

『Permanent Vacation』から始まり、スペシャルメドレーやニューアルバム『History In The Making』の収録曲などを披露し、ときに激しく、ときにセクシーに歌い、攻めていくディーン。

 かと思えば、マイクスタンドをステッキがわりにしてステップを踏んだりステージに寝そべったりするなど遊びゴコロも満載!!

「めっちゃ遊んじゃった。あ~楽しかった♪」

 と少年のような笑顔を浮かべ、そのギャップにファンはメロメロ♪ また『DoReMi』では本人&バンドメンバーによる振り付けが行われ、

「バッチリだね。さては……コソ練してきたな(笑)」

 と会場を沸かすひと幕も。その後、代表曲『History Maker』のほか『History In The Making』を中国語で歌い、『Echo』ではピアノの弾き語りも。

「日本公演、終わっちゃった~」と最後は寂しそうな表情も。ファンだって、寂しいよ……! 撮影/HIRO KIMURA

 アンコールは故郷を思って作られた『Fukushima』ほか3曲が披露され、

「次の曲で最後です」

 と言うと会場からは“え〜〜”と悲しみの声が上がり、

「俺だって嫌だよ!!(笑)」

 と胸いっぱいの表情に。そしてラストソング『My Dimension』では会場が一体となり、ボルテージは最高潮に。最後は別れを惜しみつつも、

「また遊ぼうね」

 と最高の笑顔を見せ、おなじみのフレーズ“グッバイ言うてもまた会える!!”と再会を約束してステージをあとにした。

 今後は上海、香港、台湾とゆかりの地へ──。さまざまな表情でファンの心をつかんで離さないディーン。あぁ、早く、また、会いたい……!!

今後はモデル・俳優デビューを果たした香港、役者としてブレイクした台湾での公演など、初の海外単独ライブが控える 撮影/HIRO KIMURA

『Fukushima』に込めた思い……

 福島県生まれのディーン。その故郷を思って作られた曲とは──。

「これまで福島生まれと言っても、海外だと誰も知らなくて。でも3.11があってから世界中誰もが知るアルファベットのFukushimaになってしまった。その福島を故郷に持つ人たちの情緒をこの曲で伝えたい」

 まるで童謡のような優しいメロディーに、会場は温かな雰囲気に包まれた。