劇場ロビーに設置された展示パネル/著者撮影

 公開中の『映画 少年たち』は、“映画と実演”という手法を用いて、“ナマとナマ以外のハイブリッド”たるエンタメを提案してみせました。

 東京・丸の内ピカデリー1で上映中の同作には、上映前後にSixTONES、Snow Manらスクリーンのキャストが実際に登場し、作中の歌やトークを披露したり、観客と触れ合って“ナマとナマ以外”の垣根をはらっています。

 実演のキャストは伏せられており、誰が出演するか開演までわかりません。私が鑑賞した回では、川崎皇輝さん(5忍者)を筆頭に“少年忍者”ら14人が登場。川崎さんは涼しげな目と黒髪が印象的な16歳で、本作にはプロローグから出演しています。

 その“忍者たち”に続いて、宮近海斗さん(Travis Japan)も現れました。宮近さんは、井ノ原快彦さん主演ドラマ『特捜9』にも出演する21歳。先輩らしく、「今日は(少年忍者たちの)名前を覚えて帰ってね!」と、観客を盛り上げていました。

 スクリーンのイケメンたちが三次元に現れると、心的ボルテージも一気にアップ。

「初めてナマで皇輝くんを見たけど、劇中より可愛くてファンになった!」「自担がいなかったのは残念。でも宮近くんが手を振ってくれたからうれしい!」など、新たなトキメキに沸いたり、ちょっと切なくなったりなど、揺れるヲタたちの表情もそこかしこで見ることができました。

丸の内ピカデリー(有楽町マリオン)劇場エントランスの様子/著者撮影

 一方的にスクリーンを眺めるしかなかった従来の映画から、本作のようにインタラクティブな楽しみを取り入れた上映スタイルは、ライブビューイングや応援上映と並んで、今後さらに洗練されていくのではないかと思います。

 ただ、危惧(きぐ)されるのはナマとナマ以外により、一層“エモーショナル格差”がつくこと。ジャニーズ作品に限りませんが、舞台挨拶や実演のみを目当てに来場し、上映中にもかかわらず退出したり、周囲にかまわずおしゃべりする人が増えており、これは憂慮すべき事態といえましょう。