4月7日、再婚について幸せいっぱいに語る三船美佳

 三船美佳が再婚を発表した。お相手は3歳年上の一般人男性だという。

 4月7日、都内で行われたイベントに出席した際、幸せいっぱいの笑顔で、相手の男性のことや結婚に至るまでの経緯について、記者の質問に答えていた。

 夫になる男性とは1年半前に知り合い、結婚前提で交際を始めたが、

子どもがいたので慎重に進めようと思った

 という。

 14歳になる長女は男性に「ちゃんと(プロポーズ)したほうがいいよ」と進言。

 そして、この3月に娘の前でプロポーズを受けたのだという。

 まだ先のことだろうが、子どもについて聞かれると、

娘も弟妹を欲しがっています。でも授かりものなので、流れに任せます

 と答えていた。

 三船の話を聞いていて、ちょっと気になったのは、たびたび登場する“長女発言”。

 そんなに、子どもが、子どもが、と強調しなくてもいいのでは、と感じたのは私だけではないだろう。

子どもの“後押し”

 ここ最近で思い当たる、子連れ再婚をした女性芸能人といえば、竹内結子や小倉優子などがいる。

 竹内は三船同様、報道各社にFAXで、

《将来を話し合う中で、『三人一緒になればこれから楽しくなるね』と息子が背中を押してくれたこともあり、このような運びとなりました》

 と、子どもの“後押し”を強調した。

 元夫のゲス不倫を乗り越え、'18年に一般人男性と再婚を果たした小倉優子も熱愛報道が出た当時、こうコメントを寄せた。

《現在に至るまで、子供達と一緒に親睦を深めて参りました。彼は、何事にも真面目に取り組む尊敬できる方です。子供達の気持ちも大切に考えてくださっています》

 一般的にも、シングルマザーが多感な年ごろの子どもを抱えて再婚する場合、何をおいても不安なのは、子どもが再婚相手を受け入れてくれるかどうかだろう。ファンならずとも、世の女性たちはそれがいちばん気になるところなのだ。