LDHでは、ダンス&ボーカルグループばかりでなく、ドラマや映画などの演技部門の開拓にも精力的だ。

「劇団EXILEという演技専門の部門を立ち上げ、主催の公演を中心に、青柳翔や鈴木伸之、町田啓太など、ドラマや映画などで活躍する役者を次々に輩出しています。さらにはEXILEの岩田剛典や白濱亜嵐、GENERATIONSの片寄涼太など、気がつけば今の映像作品に欠かせない存在となる俳優を次々と誕生させている。LDHは歌の世界だけでなく、演技の世界でも大きな存在となっています。ちなみに、今回の『ファントミラージュ』にはEXILEの関口メンディーも出演しています」

 さらに女児向けのジャンルは、これまであまり特定のプロダクションが掘り起こしていなかった分野であると思います。そのようなジャンルを開拓していく目は、本当に見事。数年後には今以上に芸能界にとって、大きな比重を占めるプロダクションになっているのではないでしょうか

関口メンディー扮する、ファンディー(公式サイトより)
すべての写真を見る

『ファントミラージュ』の先輩格にあたる、第1弾の『ミラクルちゅーんず!』から小田柚葉が、第2弾の『マジマジョピュアーズ!』から鶴屋美咲、隅谷百花、増田來亜、小川桜花が、この4月からテレ東の子ども向けバラエティー『おはスタ』のレギュラーとして、日替わりで登場することとなっている。前出のテレビ誌記者は言う。

「これまでは、スターダストやアップフロントなど、各社所属のタレントで曜日を分け合う形だったのが、事実上LDHの独占となった。メイン視聴者層である女の子たちにとっては、前作の『マジマジョ』が3月に最終回を迎えて少しさみしかったところ、なじみ深い顔ぶれにまた会えるわけですから、お互いメリットしかない状態です。そういったところにも、LDHの戦略のうまさを感じますね」

 ガールズ×戦士たちの影響で、ダンスの世界に興味を持つ女の子たちがどんどん増えていきそうだ。

<取材・文/渋谷恭太郎>