ちびっ子女子に大人気の『ひみつ×戦士 ファントミラージュ 』

 4月7日から放送がスタートした、少女向け特撮ドラマ『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』(テレビ東京系)。

 女子3人の“正義の怪盗”ファントミラージュが、《逆逆警察によって「イケナイヤー」にされてしまった人から、「イケない心」をちょーだいして平和を取り戻す!》(公式サイトより)というストーリー。

 日曜朝のテレ東『ガールズ×戦士 シリーズ』の第3弾で、1作目よりシリーズを手がける映画監督・三池崇史が本作の総監督・監督を務める。

戦略のうまさを感じる

「実写版の魔法少女モノといった趣で、ちびっこ女子たちに絶大な人気のシリーズです。ヒロインの女の子たちが、グループアイドル的に主題歌などを歌って踊ることも人気のひとつで、過去2作のヒロインが登場するイベントは、女の子たちでギッシリでした。 

 未就学児の女の子にとっては、普通のアイドルグループよりもより身近で魅力的な存在です。今度の『ファントミラージュ』も、間違いなく人気になるのではないでしょうか」

 と、あるテレビ誌記者は言う。

 シリーズの中で活躍する歴代の少女たちは、実はEXILEと近い関係にあるという。ある芸能記者が語る。

これまでヒロインを務めてきた女の子たちは、元EXILEのHIROが代表を務める芸能事務所、LDHが運営するスクール『EXPG STUDIO』の所属なんです。そこからの選抜メンバーなので、ダンスや歌もウリにできるのは基礎があるからなんですね」

 LDHのこのような子ども向け番組への進出ぶりに、前出の芸能記者は感心しきりだ。

「LDHは義務教育にダンスが取り入れられることが決まったときに、EXILEメンバーが指導にあたるなど、次世代へのダンスの普及には積極的に取り組んできました。『ガールズ×戦士 シリーズ』に登場する女の子たちは、EXILE TRIBEの面々やE-girlsなど、いかにもダンスをやっているアーティストと違う雰囲気。少なくともドラマやグループ活動では、そのような姿を見せていません。そのあたりも、ダンスの世界や芸能界に着々と裾野を広げていく戦略のうまさを感じます