リュウソウブラック/バンバ役 岸田タツヤ

 高校生のころからCMや広告モデルとして活動してきた岸田タツヤ。その後、数々のテレビドラマや映画に出演してきただけあり、圧倒的な存在感を放っている。

リュウソウブラック/バンバ役 岸田タツヤ
すべての写真を見る
Q.ブラックのバンバ役と知ったときの心境は?

「決まったと電話連絡が入ったとき、思わず“何色ですか?”と聞きました。オーディションでは役は決まっていませんから、自分が何色かわからないんです。これまでのスーパー戦隊シリーズのイメージではイエローかなって思っていたら、ブラックで……。そうかブラックがあった! これこそ自分にぴったりだとうれしかったですね。人生って何があるかわからない、宝くじに当たるよりすごいことだって思いました(笑)。すぐに両親に報告しました」

リュウソウブラック/バンバ役 岸田タツヤ
Q.ブラックは演じやすいですか?

「自分は長男で弟がいるんですが、バンバも兄貴的な存在なので、そこはちょっと共通してるかな。バンバって僕が理想としている男像そのもので、どっしり構えていていざってときには、ものすごいパワーを爆発させる。自分がこうなりたいと思っている人間は、演じやすいんです。100%バンバになりきっています」

Q.アクションでの苦労は?

「アクションは好きです。去年から、そして今でもアクションの練習は続いていて、時間があれば殴ったり蹴ったりと身体を動かしています。そんな中で“この動きカッコいいから、撮影時に入れよう”ってなることも多く、めちゃくちゃ楽しくて。

 ブラックの戦闘シーンは、アクション役の方が演じてくれているのですが、脇で見ている僕まで興奮してきて、つい身体が動いてしまいます」

Q.ヒーローになってうれしいことは?

「従妹に5歳の子どもがいるのですが、ブラックを応援してくれています。リュウソウジャーに憧れ応援してくれている子どもたちの期待に応えていきたいですね。大人の女性のみなさんにも見ていただけたら、うれしいかな(笑)」

Q.これからの目標は?

「バンバを演じていく中で、何が見えてくるのか、自分がどう変わるのか、それが楽しみです。そうやって経験を積み重ねながら演技者として成長していけたらと思います」

 

(c)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

騎士竜戦隊リュウソウジャー
テレビ朝日系 毎週日曜 午前9:30~ 地球を支配するために宇宙からやって来た凶悪な戦闘民族ドルイドンから、地球を守る使命を託されたのが、古代人類リュウソウ族の中から選ばれたコウ(レッド)、メルト(ブルー)、アスナ(ピンク)の幼なじみ3人組と、バンバ(ブラック)とトワ(グリーン)兄弟の5人の騎士たち。リュウソウケンと呼ばれる剣を使って繰り広げられるダイナミックなソードアクションも見どころのひとつ。全体の方向性をつけるパイロット監督は、平成仮面ライダーシリーズを手がけてきた上堀内佳寿也。新時代のスーパー戦隊は、大人も楽しめる超エンターテイメント作!

(c)2019 テレビ朝日・東映AG・東映