元プロテニスプレーヤー 杉山愛さん 撮影/渡邉智裕

 春まだ浅き湘南・茅ヶ崎。

 小高い丘を上り新緑に包まれた白い洋風のクラブハウスを抜けると、雲ひとつない真っ青な空の下から、弾むような子どもたちの声が聞こえてきた。

 やわらかな日差しのこぼれるテニスコートで無心にボールを打ち返す子どもたち。

「足からいって、そうそう」

「上からボールを見ない、下から、下から」

「ナイスショット」

 ここは、元プロテニスプレーヤーの杉山愛(43)が代表を務めるパーム・インターナショナル・スポーツ・クラブ。連日、30人のジュニアたちが大好きなテニスと向き合う。コートサイドでは、生徒の親も練習を熱心に見つめていた。

4歳でラケットを握った

「上下関係がなく、先輩も後輩も呼び捨て。部活っぽくなくて家族的な雰囲気が素敵なんです」

 そう語るのは、小学3年生の娘を見守る母親。

 高いレベルを目指してほかのクラブから息子を移籍させたという父親の姿もあった。

「愛さんが、ひとりひとりと直接ラリーをして、細かく指導してくれるから励みになります」

 保護者とコーチが、一緒に子どもたちの成長を見守る。それが愛の流儀。全国レベルの子はまだ少ないが、嬉々として練習に取り組む姿から、どの子も原石の輝きを放つ。

「正しい動きを理解させ、意識させる。小手先でごまかしても、通用しない。どれだけ早い段階で基礎をマスターするか。それによって伸びるスピードが違うんです」

 と、愛は言う。

 自身は4歳でラケットを握り、15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位に輝いた。そして17歳でプロに転向、34歳まで17年間にわたり過酷なプロツアーを転戦してきた。

 WTAツアー世界ランキングの最高はシングルス8位、ダブルス1位の記録を持つテニス界のレジェンドである。

 だが、どんなアスリートにも、いつかは引退を決断するときが訪れる。愛にとっては、34歳がそのタイミングだった。

 結婚、出産という女性としての「第二の人生」もあきらめず、新たなキャリアを見いだす─そのもがき苦しんだ時間のなかに、笑顔で生きるヒントがあった。