現場となった自宅を訪ねると母親が出たが、すぐにドアを閉めた

 4月15日、最初に逮捕されたのは無職で長男の坂本佳謙容疑者(31)。その2週間後の4月29日、次に逮捕されたのは会社役員で父親の坂本悌二容疑者(63)だった。

弾丸は頭部と胸部に命中

 親子が逮捕された発端は、

「4月14日、悌二容疑者から、“今から家に行くと息子から連絡があった。昨晩もガソリンを家にまかれている”と通報がありました」

 と捜査関係者。現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕された長男の供述からその後、父親の犯行が浮上。逮捕容疑は、殺人未遂と銃刀法違反だった。

 再び捜査関係者が説明する。

「14日午前2時10分ごろ、自宅にガソリンをまくなどして“火をつけるぞ”と叫んだ長男に対し、父親が空気銃を複数回、発砲していた。弾丸は長男の胸部、頭部などに命中。その後、銃底で長男の頭部を殴打している。全治不詳の左側胸部挫創、右側頭部骨折等の傷害を負わせたが、命に別状はない。長男はスキを見て、逃げ出したそうだ」

 事件現場はJR常磐線・羽鳥駅から車で約10分に位置する茨城県石岡市の農村地帯。

 近所に住む70代の男性は、

「あの家はもともと奥さんの実家で以前は食品工場をやっていた。ご両親が亡くなったため廃業し、空いた土地は企業に貸してたようだけどね。奥さんは結婚して1度、家を離れたけど、25年くらい前に家族で越して来たんだよ」

 警察によれば、逮捕された長男は現在住所不定だが、かつてはそこで生活し、近所にも“悪評”が知られていた。

 近隣の50代の主婦は、

「素行がよくなかった。逮捕されたこともありました」