左上から時計回りに、剛力彩芽、松居一代、土屋太鳳、指原莉乃
すべての写真を見る

 9位には、先月末にAKBを卒業したばかりの指原莉乃(26)が食い込んだ。

嫌いな女ランキング21〜48位

「可愛くもないのに台頭し、天狗になっている。人によって態度を変える」(20代・出版)、「目上の人に媚を売るのがうまい。ご意見番気取り」(40代・主婦)、「すべてが下品。計算高く、損得勘定で人を見分ける感じが大嫌い」(40代・主婦)

 前出の北原さんは、しゃべりが求められる珍しい女性だと評価するが、

「きっと“和田アキ子さんにならないように気をつけて”というメッセージなんでしょうね(笑)」

 現在放送中の朝ドラ『なつぞら』のヒロイン・広瀬すず(20)が前代未聞のトップテン入り。

「めっちゃ性格悪そう。姉(広瀬アリス)のほうが好き」(20代・会社員)、「生意気」(60代・パート)、「あざとい」(20代・会社員)、「大人をバカにしている発言が多く不愉快」(40代・パート)。

 およそ4年前のバラエティー番組での失言への指摘も……。

トップテン以降も興味深い結果に

 惜しくも(?)トップテン入りを逃した面々のうち、新顔さんや今年っぽさのある人は?

 15位の丸山桂里奈(36)には、「サッカーのイメージダウンでしかない」(40代・会社員)。16位の滝沢カレン(26)には、「言葉遣いにイライラする」(50代・パート)。21位のダレノガレ明美(28)には、「画像編集に必死すぎ」(20代・会社員)とバッサリ。

 若手女優にも注目しておこう。28位の吉岡里帆(26)には、「媚び感がハンパない。同性から嫌われるものを持っている」(40代・主婦)、「すべてがぶりっ子に見える」(30代・パート)、「とにかくあざとい」(40代・主婦)。46位の高畑充希(27)には、「わざとらしい。オーバーアクション」(60代・事務)、「生意気な態度しか取らない」(30代・販売)。ともにCMでの姿がやり玉に。ブルボンヌさんは、

「吉岡里帆は絶対に好きには入らず、嫌いに入る女よねぇ(笑)。『カルテット』でのしたたかな女とか、演技うまいんだけど。どんな役だろうが演技はしっかりやるけど、それを離れた素のときに過剰に可愛かったり、いい子っぽい感じだと、役とのギャップから、よりウソのぶりっ子だって思われる傾向があるんじゃないの?」