週刊女性が行ったアンケート『私たちが“嫌いな女”』において、若くしてバラエティー・その他部門の女王となったのは、鈴木奈々。しかも理由の8割以上が「うるさい」(30代・会社員)と、まるで金太郎あめ状態!

嫌いな女ランキング【バラエティー・その他編】

 作家の岩井志麻子さんは、

「鈴木奈々さんも“嫌いと言っておけばいい”の域に入りかけてますよね」

古参を脅かす若手の突き上げ

 2位には、総合ランキング3位で、元プロ野球選手の片岡治大と結婚したベッキー

「不倫否定会見でシラを切るしたたかさや、世間をバカにしたようなLINEは、いまだに記憶に残っています」(60代・主婦)

 不倫で好感度を下げた女といえば、ベッキーのほかに、矢口真里(総合17位)、後藤真希(同19位)がいるが、作家の北原みのりさんは、

「失ったものが大きい順。ベッキーさんは半裸の広告で芸能界に復帰しましたが、どこまでやったら許してもらえるんですかね?」

 3位の松居一代には、「嫌いというより怖い」(40代・主婦)、「お金を持っていても幸せそうに見えない」(50代・パート)などの声が。ブルボンヌさんをもってしても、

「松居一代さんは好物ではあるけど、もはや好きとは言えないわ!」

 4位には、いまやテレビ出演がほぼない神田うの(44)。「お金持ちをひけらかしている」(50代・主婦)との声が多かったが、

「アッコさん、ピン子さん、うのちゃんあたりに票を入れた人は、情報のアップデートをしたほうがいいと思うわ。認知症予防にもなるしね(笑)」(ブルボンヌさん)

左から神田うの、デヴィ夫人

 同じく4位に入ったのは、デヴィ夫人(79)。「わがままで腹立たしい」(60代・主婦)、「やたら高飛車な物言い」(30代・主婦)

 6位には、小島瑠璃子(25)が初登場。「リアクションがわざとらしい。いい子&デキる子ぶってる」(30代・主婦)、「選挙特番などに出るようになったころから、いかにも“私、わかってます”という感じが鼻につく」(70代・主婦)

 内科医で作家のおおたわ史絵さんは、

「レギュラーも多く、頭の回転も速く、何でもできちゃう。クラス一の人気者になるような女の子じゃないですか? そういう子は陰ではコソコソ言われ、嫌われるものなので」