仕事の合間に休憩をとるMatt(本人のインスタグラムより)

 元読売ジャイアンツの桑田真澄投手の次男・モデルのMatt。

   今、彼がネットニュースを席巻するという不思議な現象が起きている。

 突如としてテレビの世界に姿を現したのは‘17年ごろ。自身を“美容中毒”と形容し、まつ毛エクステや眉毛ケア、皮膚科で美容点滴やイオン導入をするなど日々、美を追求する様子を公開し、その“常人ならざるビジュアル”で話題を集めた。

 もはや「桑田真澄の息子」という肩書とは全く関係のない“美容男子ルート”を切り開いたのもつかの間、詳しい事情はわからないが、昨年からは出演がめっきり減少。今年の4月に本人がインスタグラムで「約半年間、テレビのお仕事はすべて断ってきた」ことを明かしている。

──ということで、いま彼の姿を拝めるのはもっぱらインスタグラムが中心ということになった。それに食いついた(?)のがネットニュース媒体だ。

 父の始球式を観戦した様子をインスタにアップしたかと思えば、すぐさまニュースになり、すっぴん姿を投稿すれば、またすぐに取り上げられる。

 しかも、“すっぴん姿”につけられた記事タイトルは、

『Mattがインスタで再び「すっぴん」を披露「清らかで無垢」など反響』(スポーツ報知)

 である。

“初披露”ならまだいい。“再び”でニュースになるとはいったい何事だ。しかもそれらの記事がたびたびネットニュースの『アクセスランキング』上位にランクインするのはなぜなんだ。

なぜ人はMattをクリックするのか

 5月11日にも、

『Matt、ドイツ生まれ男性モデルから刺激「こんなにハンサムできれいなのに美に貪欲な姿勢に脱帽」』(スポーツ報知)

 といった記事がアップされると、一時はランキングのトップ3に入るほどアクセスが急上昇した。

 記事の内容はいたってシンプルだ。ドイツ出身のモデルの友人とディナーをともにし、「(友達が)今いちばんハマってることはスキンケア! とりあえず肌がきれいすぎて。僕ももっと肌磨きしなきゃ!」と刺激を受けた、とのことだそう。知らんがな。

『スポーツ報知』もまさか読売ジャイアンツのレジェンド・桑田の息子を、このようなかたちで取り上げまくるとは思わなかっただろう。いや、それともレジェンドの息子だからこそ取り上げるのだろうか──?

 それにしても、気になるのは“なぜ世間の人々はMattの記事をクリックしたがるのか”だ。

 前述の記事のコメント欄に多く見られたのは、

《この写真が加工ならいいなぁって本当に思う。実物もこのままだったらさすがに怖すぎます》

《Mattさんは化粧というかトリックアート的な領域きてる気がする》

 といった容姿に対する反応。たいていのMattの記事が似たような、インパクトのあるビジュアルに対し驚きを示すコメントが寄せられるのだが、そのなかに興味深い記述を見つけた。