出演すると全国区の人気を獲得できる国民的番組・朝ドラ。近年、特にその期待は高まって、ヒロインオーディションには常に2000人以上の応募がある。

 一体、どんな方法でヒロインが選ばれるのか、『なつぞら』の磯智明チーフ・プロデューサーに直撃!

サプライズ発表の場合も多い

 まず行われる時期は?

「前期(4月~9月放送作)だと前年の5月くらいまでに行います。'20年前期『エール』の主役、窪田正孝さんの相手役となるヒロインのオーディションも、まさに今、進行しています。

 以前は前期だとオーディションは前年の夏くらい、クランクインは秋でしたが、最近、働き方改革の影響もあって前倒しになり、春にオーディション、夏にはクランクインという流れになっています」

“われこそがヒロインに!”と思ったとき、応募方法は?

「事前に各事務所や劇団などにお知らせを出します。事務所や劇団という会社や組織に所属していることが原則で、フリーの方には応募資格はありません」

 書類審査で絞り、一次試験、二次試験が基本で、三次試験まであるかはそのとき次第。面接と演技試験がメインで、アドリブ的な課題もある。

『あさが来た』でヒロインを演じた波瑠

 例えば、『ぴあの』('94年)の純名里沙は得意のミュージカルナンバーを披露する機会があり、『あさが来た』('15年)の波瑠は劇中に相撲シーンがあるため、実際に相撲をプロデューサーの前でとったりもした。

こうして勝ち抜いた俳優は、晴れてマスコミ向けヒロイン発表会でお披露目となりますが、当人には会見ギリギリまで秘され、サプライズの模様をメーキングで紹介することも最近は多いです。

『なつぞら』は最初から広瀬すずさんに決めていましたが、僕らが彼女に初めて会うとき、事務所の社長はCMの打ち合わせということで引き合わせたんですよ。僕らはてっきり広瀬さんが知っていると思って話し始めたら、なんだか話が噛み合わなくて……。その様子を社長ひとりが楽しんでいたわけです(笑)」