左から高木雄也・伊野尾慧・有岡大貴・山田涼介・大野智(嵐)・岡本圭人(2018年元旦初詣)

 Hey! Say! JUMP(以下、JUMP)が、'19年内のアリーナツアーの開催を中止すると発表した。

 「コンサートの移動時に、メンバーと会うために新幹線ホームに大挙して押し寄せ、発車が遅れてしまう、また移動中のメンバーを追いかけ回すなど、一部ファンのマナーの悪さが一般人に迷惑をかける事態に及んでいたことを考慮し、中止に踏み切ったそうです」(スポーツ紙記者)

 JUMPは、'18年のツアーでトラブルが……。

「10月7日の新潟公演を終え、メンバーが帰京する際、新幹線ホームにファンが殺到。東京駅にもファンは詰めかけており、大勢でホームを占拠。身体をぶつけられたり、足を踏まれた一般客が少なくなかったそうです」(同・スポーツ紙記者)

 出発地の新潟駅で、実際に被害に遭った女性に話を聞くことができた。

ホームに人だかりができていて、不思議に思いながら予約した新幹線に向かっていたら、腕をつかまれて“この新幹線乗る人ですか!? 切符譲ってくれません?”ってなんか必死な剣幕で言われて。4人くらいに囲まれて言われたし、つかまれた腕も痛いしで、すごく怖かった……

注意喚起を促しても……

 トラブルはJUMPだけに限った話ではない。'18年9月22日に仙台での公演を終えたKing&Princeのメンバーに会うため、仙台駅のホームにファンが殺到。結果、発車が7分も遅延してしまった。ネット上では、ホームで《髪を引っ張られ、顔をひっかかれた》と報告をしている人も見られた。

 「新幹線遅延などのトラブルはどのグループでも起こっています。ファンの迷惑行為に対し、ジャニーズ側も何も対策を打たなかったわけではなく、何度となく注意喚起を行ってきました」(芸能プロ関係者)

 仙台駅でのトラブルについてJR東日本に話を聞くと、

事前に話をし、駅員を増員するなど対策をしていたが、トラブルとなってしまいました。コンサート後に、改めて改善などを話し合いました」(JR東日本広報部)