冠婚葬祭という言葉がある。人生で1回きりと心に決めた結婚式は、半年以上の長い時間をかけて準備して当日を迎えるため、業者選びも慎重になる。しかし、「葬儀」はなかなか準備しておけるものではない。誰もがいつ死を迎えるのかなど知らず、残された親族によって大慌てで業者を探すこともある。

 それでも、終活の一環で葬儀の相談をすませている家庭などは比較的スムーズに別れを迎えることができる。……では、ペットはどうだろうか?

 ペットを飼うときに、「別れ」のことまで考えて飼う人は少ない。しかし、ペット葬儀こそ、その流れを把握している人も少なく、いざそのときがきたらどうしたらいいかわからなくなってしまう人も多いようだ。

 今回はそんな「ペットの葬儀」について、東京・埼玉を中心にペット葬儀業を運営している訪問ペット火葬 monnie(モニー)の関氏に教えてもらった。

ペット葬儀業でも「ケータリング」が注目

 ペットの葬儀は大きく2種類に分かれており、固定の火葬場にご家族とともに来てもらうか、ケータリング火葬車で自宅にて火葬するかであるという。

ペットの身体は人間よりも傷みが早いので、大切なご家族が亡くなられたとき、どうしたらいいかをすぐにお教えできるよう、24時間電話での対応をしています。ペットの大きさによっては、硬直が始まる前に手足を曲げるように整えてあげたり、身体を冷やして火葬まで待つ必要もあり、人間と同じかそれ以上に素早い対応が求められます

 中でも、ケータリング火葬の需要が特に高まっていると関氏は話す。

ケータリング火葬車

 ケータリング火葬とは、車の中に火葬炉を積み、訪問した先で火葬し、ペットとお別れをすることができる葬儀で、出張費を取らない業者も多い。遺族にとっても金額面で負担が少なく葬儀ができることや、土地の狭い都心では土葬ができないため、需要が高まっている。

ケータリング火葬でも、ご自宅をお借りして拾骨を遺族のみなさんに行ってもらいます。元の骨格のとおりに並べて、みなさんでペットとのお別れすることで、ご遺族自身もペットとの死をスムーズに受け入れることができ、感謝のお声もよくいただきます

 納骨後は骨壷を自宅保管、またはペット霊園に慰霊するかを選択できる。東京や埼玉にもいくつか有名なペット霊園があり、人間と同じように墓を構えた霊園にペットたちが慰霊されている。